資産運用は早い方が良い!若い内から投資を始めるメリット

Pocket

資産運用は若い内から始めた方が良いと言われています。

私も含め若者の意見を言わせてもらうと、そんな金はないという答えでしょう(笑)

しかし、若い内から投資を始めるメリットは少ない資金でも将来的には大きな資産になる可能性を秘めていることです。

長期投資を行い、将来的に大きなお金に育てるのはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

若者が目指す投資は「長期投資」

若いということはお金があまりない世代です。

しかし、一番の武器は時間が多いにあるということです。

20代ではその最大の武器である時間が大きな成果につながります。

その武器を最大に生かすことができるのが「長期投資」です。

長期投資で複利の力を有効に使う♪

20代から定年になる40年間投資をした場合を比較してみましょう。

月に1万円、3万円、5万円のそれぞれで40年間運用した場合の結果です。

 
利率 1万円 3万円 5万円
0% 480万円 1440万円 2400万円
0.02%(銀行金利) 482万円 1446万円 2409万円
1%(投資で1%運用) 587万円 1760万円 2933万円
3%(投資で3%運用) 905万円 2714万円 4524万円
5%(投資で5%運用) 1450万円 4349万円 7248万円

 

毎月1万円の積立でも3%で運用ができれば、将来的には900万円となります。

もし、3万円で3%の運用ができれば2700万円と老後への負担を大きく軽減できる金額です。

運用期間が長ければ長いほど有利!

資産運用は期間が長ければ長いほど有利です。

それでは先ほどと同じ表を基幹を30年にしたものと比べてみましょう♪

 
利率 1万円 3万円 5万円
0% 360万円 1080万円 1800万円
0.02%(銀行金利) 361万円 1083万円 1805万円
1%(投資で1%運用) 417万円 1252万円 2087万円
3%(投資で3%運用) 797万円 1713万円 2855万円
5%(投資で5%運用) 1450万円 2391万円 3986万円

 

30年と40年を比べた場合、元本は75%になっていますが、結果としては大きな差があります。

例えば、3万円で3%の運用をした場合

  • 40年  2714万円
  • 30年  1713万円

なんとその差は1000万円です。

元本は360万円の違いですが、結果としては1000万円と早く始めれば始めるほど有利になります。

これは利子に利子がかかる複利効果は年数が経てば経つ程、強力なるからです。

長期の分散投資で安定した利益を出す♪

投資の世界では「卵は1つのカゴに盛るな」という格言があります。

分散するとリスク回避できる一方、リターンが下がると懸念されますが、ハイリスクの集中投資よりも分散の方が結果的にいい成果につながることが多いです。

ハイリスクはリターンも大きいですが、ゼロになる確率も高まります。

長期投資でハイリスクの資産で勝ち続けることは難しいです。

 

分散投資では株式や債券、そして海外、国内と非常に幅広く投資をすることです。

幅広い投資を行う際にお勧めなのが、インデックスバランスファンドです。

例えば、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドや世界経済インデックスファンドは一つの投資信託を購入すれば、世界中の債券や株式に投資ができます。

また、月に1万円から投資ができ、若い人が長期・分散投資するには非常におすすめです。

明日からでも長期投資を始めてみる♪

投資は一日も早く始めた方が、複利効果で有利になることが分かりました。

株価が上がり今は投資を始めるタイミングではないと二の足を踏んでいるかもしれません。

しかし、長い将来を考えれば将来的にはもっと大きく上がるチャンスは訪れます。

 

今か今かとタイミングを待つよりも、少額からコツコツを投資を始めてみてはいかがでしょうか?

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドなどの証券口座は申し込みをすれば、すぐに作ることが可能です♪

長期投資を一日でも早く始め、2015年後半を迎えてみてはいかがでしょう♪

 

ではでは~
投資信託|セゾン投信



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly