楽天証券の口座開設で日経新聞を無料で読もう♪


勝負を制する要因はなんでしょうか?

それは情報です。

投資においても情報は非常に大切です。

投資の情報を得る手段として日経新聞を利用する方は多いと思います。

しかし、日経新聞は電子版でも毎月4000円ほどかかり、中々厳しい金額です。

その日経新聞の情報を楽天証券を使えば無料で見ることができます。

スポンサードリンク

日経テレコンを使う!

日経テレコンとは日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ(日経流通新聞)、日経ヴェリタス(旧金融新聞)の日経四誌の記事のキーワードでの検索機能や記事内容を読むことができるものです。

さらに他社の新聞記事や雑誌記事の閲覧も可能です。

単純に言うと日本経済新聞社の新聞・雑誌データベースサービスです。

 

通常利用では月に8,400円(税込)もするサービスですが、楽天証券の口座を開設して一定の条件に該当すれば、無料で日経テレコンを利用することができます。

日経新聞以外にも様々な情報を得ることができ、是非とも利用したいサービスです。

楽天証券で日経テレコンが無料で読める条件は?

日経テレコンは楽天証券のマーケットスピードで閲覧ができます。

マーケットスピードは3か月で2,500円(税込2,700円)かかりますが、一定の条件を満たせば無料で閲覧することが可能です。

それでは無料で閲覧できる条件を見てみましょう♪

下記のいずれかの条件を満たせば無料閲覧が可能です。

〇初めての利用

はじめての利用で、誰でも利用申請から3ヶ月間無料!

〇信用口座、先物・オプション取引口座、楽天FX取引口座を開設

いずれかが開設済であればOK

〇預り資産残高30万円以上

ご利用申請の前営業日時点で30万円以上

〇申請時の預り金残高が30万円以上

当日のご入金を含み、ご利用申請時点で預り金残高30万円以上(外貨除く

〇過去3カ月に所定のお取引(約定)実績がある

所定のお取引とは:国内株式(現物・信用)、先物オプション取引、米国株式、中国株式、カバードワラント

 

条件としては余り厳しい条件ではありません。

口座を開設するか、もしくは資産として30万円以上あれば、条件は十分に達成することが可能です。

日経新聞の情報をフル活用!

日経テレコンを使えば、日経新聞以外の情報も閲覧が可能です。

日経テレコン自体が日経新聞のデータベースですので、検索性も高く有用な情報を調べる際にも非常に便利です。

情報を制することは投資をする上でも非常に重要です。

お金をかけずに、情報を得るためには楽天証券に口座を開設して、日経テレコンを利用をするのがよさそうです。

口座を持っていない方も、日経テレコンを使う為に楽天証券の口座を開設する事をおすすめします♪

 

楽天証券は現在口座開設で最大75,200円相当のポイントキャッシュバックキャンペーンを行っています。

これを機に口座開設してはいかがでしょうか?

 

ではでは~



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly

PAGE TOP