一人暮らし用の加湿空気清浄機を比べてみる♪

Pocket

空気清浄機の普及率をご存知でしょうか?

なんと普及率は2015年で44%を越えており、半数近くの世帯が保有しています。

私も以前の記事でボーナスで欲しいものに加湿空気清浄機をあげています。

冬のこの時期を考えて、加湿空気清浄機を購入しました♪

という訳で、購入に当たり色々と調べたので、一人暮らしにピッタリの加湿空気清浄機を比べてみました♪



比べるメーカーは3社!

比べてみるメーカーは3社

  • ダイキン
  • シャープ
  • パナソニック

そして、加湿力、除去性能、掃除のしやすさ、値段の4種類を比較しています!

一人暮らし用のコンパクトサイズですので、寝室などでもオススメできます♪

それでは見てみましょう♪

ダイキン

①TCK55

②KC-E50

 

③F-VXK55

〇対応面積 木造8.5畳 洋室14畳
〇加湿力 500ml/分 △
〇除去性能 5.4m³/分 ◎
〇掃除 ◎
〇値段 20,976円 〇

パナソニックと言えばナノイーですね!

もちろん、加湿空気清浄機にもナノイーは搭載されています。

パナソニックは気流制御により、上の方のニオイ、下の方のホコリと言った、その時々にあった気流を発生させ除去能力を上げています!

掃除に関しては、10年間寿命のフィルターですのでメンテナンスは楽な部類です。

しかし、加湿関連に問題があります。

加湿能力は高いですが、他のメーカーに比べ、水のタンクの量が少ないです。

給水の回数が増えるのが残念なところです。

加湿空気清浄機は型落ちがねらい目!

買う為の候補として選んだのは今年の最新機種ではなく、昨年発売された型落ちの機種です。

空気清浄機は一年間で価格が急落するのが特徴です。

急落する割にはあまり性能が変わりません。

最新機種と比べ、性能はあまり変わりませんが、二倍以上違います。

在庫がある内に、昨年の機種を購入するのが賢い買い物ではと思います。

 

因みに私が購入したのは最初に紹介した、ダイキンの機種です。

ダイキン(DAIKIN) 加湿ストリーマ空気清浄機「うるおい光クリエール」 ホワイト TCK55R-W

空気清浄機は一家に一台と普及が進んでいます。

今年の冬は加湿空気清浄機で風邪の引かない生活をしたいですね♪

 

ではでは~



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly