長生きにはリスクがある!若い内から資産運用をしてみよう♪

Pocket

長生きという言葉について皆様はどのような印象をお持ちでしょうか?

もちろん長生きする事は非常に良いことですし、それだけ暮らしやすく、平和な国だという印象が多いのではないでしょうか?

しかし、長生きするということには大きなリスクがあります。

それはお金に対するリスクです。



老後に必要なお金は月に約25万円

総務省の家計調査では高齢夫婦の無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上)で月約27万円という調査があります。

様々な調査がありますが、夫婦二人で老後を過ごす為には25万円程度は必要となります。

 

65歳で定年退職をして、25年間90歳まで生きるとすると25万円×12か月×25年でなんと7,500万円程度の資金が必要となります。

さらに病気や子供などのことを考えると、9,000万円程度は必要と言う試算もあります。

私もそうですが、長い未来とは言え、定年をするまでに9,000万円という数字は非常にインパクトがあります。

公的年金は毎月20万円程度

先ほど毎月25万円程度は必要と記載をしましたが、そのお金をすべて用意する必要はありません。

日本では国民年金や厚生年金がもらえます。

国民年金は年額78万円程度決まっていますが、厚生年金は収入により異なります。

平均で夫婦で厚生年金も含め、平均的には20万円程度の支給となります。

公的年金は20万円×12か月×25年で6,000万円程度は支給されます。

老後に必要なお金は1,500万円~3,000万円

先ほどの老後に必要な7,500万円から公的年金の6,000万円を差し引くと、1,500万円!

この1,500万円が最低限暮らしいくためには必要な老後資金です。

多少余裕のある老後資金の9,000万円となると、老後までに必要なお金は3,000万円!

これを定年までに作る必要があります。

貯金だけでは老後資金は厳しい!

現在35歳の場合、65歳までの30年で3,000万円を貯める為には毎年100万円が必要です。

もし、貯金のみで貯めようと思えば、毎年100万円を30年間も貯蓄して、やっと貯まる金額です。

もちろん、年間100万円となると非常に大きな金額です。

これを貯金だけで貯めるには少し根気がいる金額です。

資産運用は老後の強い味方!

貯金だけでは毎年100万円の資金が必要でした。

もし、資産運用をして複利でお金を運用した場合いくら必要でしょうか?

 

〇年利1%  862,443円

〇年利2%  739,498円

〇年利3%  630,578円

〇年利5%  451,543円

〇年利10% 182,377円

 

3,000万円を30年間一定利率で運用した場合に必要な年間の資金です。

もし、3%で運用できれば年に63万円。

そして10%というかなり高い利率で運用を行えば年に18万円の資金で3,000万円が貯まります。

 

とはいえ、10%での運用は厳しいですので、2%~3%の安定的な利率での運用を目指しましょう!

 

私自身はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドで老後資金を投資しています。

これ一本で世界中に投資ができ分散投資で、リスクを抑えることができます。

世界経済の成長にあわせて、私自身の資産も成長していくことを目指しています!

皆様も、長い将来に向けて、資産運用を始めてみてはいかがでしょうか?

 

ではでは~

 
【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly