もっとも幸福な年収は850万円らしい。


皆様は年収は今の年収に幸福を感じているでしょうか?

もし、感じていない方はいくらなら満足できるでしょうか?

年収500万円?

いや、年収750万?

年収1,000万円でしょうか?

昨年にアメリカで幸福度が最も高い年収に関する研究が発表されました。

それではその内容を見てみましょう!

スポンサードリンク

年収が7万5千ドルを越えても満足度は上がらない

2010年ノーベル経済学賞を受賞した心理学者ダニエル=カーネマンと経済学者アンガス=ディートンが「75,000ドル(約865万円)以上の年収を得たとしても幸福指数は上がらない」という研究を発表しました。

 

つまり、人間は年収850万円程度までは年収に対する幸福度は上がっていきますが、その後は上がったとしてもあまり幸福度は上がらないということです。

年収850万円まではお金という物に対してインセンティブが働きますが、それ以降になると喜び、悲しみ、ストレスなどの頻度や度合は変わらないという研究結果です。

日本では世帯年収で見ると1000万円が幸福度が高い!

内閣府が人々の幸福感と所得についてという調査を行いました。

その中に、世帯年収と幸福度という項目の結果を見てみましょう♪

年収200万円未満       5.5点

年収200~400万円未満   6.1点

年収400~600万円未満   6.6点

年収600~800万円未満   6.6点

年収800~1000万円未満  6.7点

年収1000~1200万円未満 7.3点

年収1200~1400万円未満 7.2点

年収1400万円以上      7.1点

※実際は点数は棒グラフで表されており、小数点以下は私の目検です。

 

世帯年収200万円を越えると幸福度は一気に上昇します。

その後、世帯年収は1000万円まではそう大きくは変わりません。

しかし、1000万円を越えるとまた上昇し高止まりしていることが分かります。

仕事のやりがいはお金だけではない

年収が800万円くらいまでは、年収が上がること=仕事へのやりがいにつながります。

しかし、人間の欲求には承認されたいという欲求があります。

自分自身の仕事を理解をしてもらい、承認してもらうこともモチベーションの一つになります。

 

また世帯年収を見てみても、内閣府の人々の幸福感と所得についてでは幸福に感じる基準として以下の記載があります。

  • 自分の理想との比較や将来への期待・不安が挙げられる。
  • 所得や消費といった家計の状況や健康状況、家族関係が挙げられる。

 

年収をもちろん高くすることは非常に大切です!

私もお金をもっとほしいなぁという欲求はあります。

しかし、幸福度を上げるためには将来のことや健康や家庭環境など、身近なことを大切にする必要があります。

何気ないことが意外と幸せということを調査では示しているのではないでしょうか?

年収を上昇させつつ、自分の幸福度を上げる人生にしていきたいですね♪

 

ではでは~

スポンサードリンク




現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly

PAGE TOP