最近話題のフィンテックとはなに?


皆様はフィンテックという言葉をご存知でしょうか?

最近フィンテックは新聞や雑誌などをにぎわしており、金融業界に産業革命を起こしています。

とはいえ、言葉の意味はなかなか分からないものです(笑)

それではフィンテックとはどのような意味なのでしょうか?

スポンサードリンク

フィンテックの語源は?

フィンテックとは金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語です。

英語ではFintechと書きます。

意味としてはICTを駆使した革新的(innovative)、あるいは破壊的(disruptive)な金融商品・サービスを表しており、近年は成長が著しいです。

お金の未来を変えるとも言われており、近年世界が注目しています。

フィンテックの金融商品やサービスはどんなものがある?

ICTを駆使した金融商品やサービスとはどのようなものがあるのでしょうか?

一例をあげてみましょう。

○スマホでのクレジットカード決済

・Apple Pay

○クラウドでの家計簿

 ・マネーフォワード

○仮想通貨

・ビットコイン

○クラウドファンディング

・READYFOR

○投資支援

・ロボアドバイザー

○ソーシャルレンディング

みんなのクレジット

などなど、皆様も一度は聞いたことがあるサービスだったり、利用しているサービスだと思います。

これらの共通点はICTを使い、既存の金融業界のサービスを行っていることです。

金融業界の未来が変わる!

フィンテックの台頭は金融業界の未来が変わると言われています。

例えば、スマホでのクレジット決済を見てみましょう。

決済手段は現金かクレジットカードでした。

しかし、手元のスマホ一台で買い物ができるようになったことは、決済手段が大きく変わっています。

 

また、クラウドファウンディングでは、金融機関に代わりお金を貸す機能を持っています。

ロボアドバイザーではAIを利用して、金融機関に代わり資産運用のアドバイスを行い運用するサービスが広まりつつうあります。

既存の金融機関の仕事をICTを駆使し、代替する新しい流れができつつあります。

 

数年前までは信じられないようなサービスが生み出されています。

私たちを取り巻く金融機能も数年後は信じられないくらいのサービスがフィンテックによって生み出されるでしょう!

2017年はフィンテックが加速する年だと言われています。

今年はぜひフィンテックに注目したいですね!

 

ではでは~

スポンサードリンク




現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly

PAGE TOP