サラリーマンの平均年収はいくらなのか?


皆様は年収はいくらでしょうか?

自分の年収を比較する上で、世間の平均はきになります。

それでは、日本のサラリーマンの平均年収はいくらでしょうか?

毎年、国税庁が発表している「民間給与実態統計調査」の結果を見てみましょう!

スポンサードリンク

2015年の平均年収は420万円

2015年の会社員の平均年収は420万円となりました。

2014年は415万円でしたので、前年よりも5万円増加しています。

過去の平均年収を見てみましょう!

○1997年 467万円

○2000年 461万円

○2003年 444万円

○2006年 435万円

○2009年 406万円

○2012年 408万円

○2015年 420万円

という結果になっています。

 

1997年から徐々に下落をしていき、2000年に入ると急激に落ち込んでいます。

そしてリーマンショック後の2009年には406万円と10年ちょっとで60万円以上も減少。

景気が回復しつつあり、年収は上がっていますが、物価の上昇と社会保険料の増加により、あまり給料の増加の実感はありません。

世代別の年収を見てみる

それでは次に世代別の年収を見てみましょう。

○20~24歳 253万円

○25~29歳 352万円

○30~34歳 397万円

○35~39歳 432万円

○40~44歳 461万円

○45~49歳 486万円

○50~54歳 509万円

○55~59歳 491万円

○60~64歳 372万円

という結果になっています。

 

年収は50代前半までは上昇し、定年を迎えるにつれ現象している結果となりました。

平均年収が420万円ですので、30代半ばで平均になるということでしょう。

 

男女の差を見ると、男性のピークは50代前半となりますが、女性のピークは30代前半です。

女性はその年齢あたりで産休などに入いる方が多く、それ以降は子育てなどがあるのが理由でしょう。

その是正も必要だと思います。

年収200万円以下が1,000万人以上

それでは年収200万円以下の方が割合で何%いるのでしょうか?

女性では830万人、男性で290万人、合計で1100万人います。

これは給与所得者の23%と5人に1人は年収が200万円以下という結果です。

 

女性では年収400万円以下が80%となり、多くの女性は年収が400万円を超えていないという結果です。

一方男性も、年収400万円以下が40%を超え、400万円というのが一つの壁になっています。

 

年収の増加が見込めず、副業を行う方も増えていると思います。

一部の資金でもよいので、少しずつ投資をすることをお勧めします!

 

私自身も決して年収は高くありませんが、セゾン投信で毎月5,000円の積立投信から投資を始めました。

この投資がだんだんと大きくなることを実感しつつあります!

年収を上げるに加えて、お金に働いてもらうことも大切だと思います。

 

ではでは~
【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly

PAGE TOP