不動産投資はどうなのか?メリット、デメリットから考察をしてみる


最近、話題になっているのが不動産投資です。

ワンルームマンションなどの不動産を購入し賃貸収入を得るという投資です。

不動産投資は人気があり、若い人も始める方が多いようです。

不動産投資についてメリットとデメリットを考えて、考察をしてみました!

スポンサードリンク

不動産投資のメリットは?

不動産投資のメリットを考えてみましょう!

①安定した収入が得られる

②借入ができる為、少ない資金でも始めれる

③相続税対策になる

④5%程度の高い利回り

不動産投資の最大のメリットはやはり、毎月の安定収入です。

また、借入によるレバレッジがある為、銀行からの借入をして収入から返済し、残りは全て収入です。

借入の返却が終了すれば、得られる不動産収入は全て得られますので、長期的に考えると老後の安定収入にもつながります。

相続税では、一般の売買価格よりも安い価値で評価されますので、相続時には相続税の節税にもつながります。

不動産投資のデメリットは?

それでは次に不動産投資のデメリットを見てみましょう!

①空室リスク

②修繕リスク

③流動性の低さ

④不動産価値の下落リスク

といったところでしょう。

 

空室になれば、収入がなくなりますので、安定収入を得るためには持っている不動産に空室ができない状況が必要です。

そして、ずっと住んでいれば修繕が必要になります。

修繕費は思った以上の金額がかかりますので、注意です。

また、不動産価値は上がるだけではなく、下がるリスクもあります。

最後に流動性リスクは、不動産はすぐには現金化できませんので、現金がどうしても必要になる場合は、すぐに売却できないこともリスクです。

不動産投資を総合的に考える!

不動産投資のメリットを考えると一番大きいのは安定的な収入です。

しかしそれは空き家が出ないということが前提となっています。

近年の空き家率は総務省の調査で13.5%となっており、東京都でも11%と比較的高めです。

ここ10年で1.3%も上昇しており、人口の減少が始まっており、今後も上昇していくと予測されています。

空き家がリスクが高まると、不動産投資の最大のメリットが失われる可能性が高いです。

不動産投資の目利きは難しい

不動産投資で重要なことは空き家がでない物件を探す目利きが必要だと思います。

初心者にはちょっと手を出しにくい投資ではないかなぁと思います。

すでに、土地を持っているなどアドバンテージがあればよいですが、1からのスタートとなると、少し躊躇をします。

もちろん不動産投資で成功している方もいっぱいいますが、自分にはあまり向かないのではないかと感じています。

今の投資信託や株式投資に力を入れていこうと思います!

不動産に投資をするならREITを購入し間接的に不動産投資をするのがベターかなという心境です。

不動産投資に夢はありますが、実際に投資をする際には比較的高額な投資です!

もし、不動産投資をするのであれば、しっかりと考えて投資をしていきたいですね。

 

ではでは~

スポンサードリンク




現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly

PAGE TOP