日経平均が2万円を回復!でも景気の回復は実感できない。


6月2日に日経平均株価が2万円を回復しました。

日経平均が2万円を回復したのは、2015年12月以来の1年半ぶりです。

株価が上昇し、数字上では徐々に日本の景気は良くなっていると言えるでしょう。

しかし、個人的な意見としては、日経平均株価の回復のニュースが少ないのではと思います。

スポンサードリンク

日経平均が2万円を回復するのはうれしいこと

6月2日に日経平均は終値で20,177円と2万円台に回復をしました。

日経平均が2万円を回復したのは、2015年12月以来、終値で2万円を回復したのは、2015年8月以来と久々に大台を超えています。

今回の株価の上昇はアメリカをはじめ、世界中の景気が回復している波に日本の経済も乗っかている状況です。

また、3月期の決算状況も比較的堅調となっており、企業を見てみると日本は長期的に上向きムードとなっています。

日経平均は回復しているが、実感はない

日本の景気はもちろん一時期に比べて回復しています。

しかし、私たち一般庶民の感覚からすると景気の回復はあまり実感できていません。

今の日経平均の回復も私たちの消費の拡大、つまり内需の拡大によりもたらされた景気の回復ではないからです。

景気が回復するというのは私たちがものを買おうと積極的に思うことでしょう。

私たちの給料があがり、消費が拡大して初めて景気の良さを実感できるのではと思います。

景気の回復を実感したいなら投資をするのもあり

それでもなかなか給料が上がらないのが今の日本です。

しかし、株価や世界経済は上向きになっており、私たちの給料だけが上がらずに取り残されている状況です。

それではどうすれば良いのでしょうか?

それは単純なことです。

試しに投資をして、世界経済の回復の波に自分の資産を乗せてみるということです。

日本の格差が広がっているといわれていますが、その理由として投資を行っている人は資産が増えつつありますが、投資を行っていない人は資産が増えていないという状況があります。

つまり、資産運用をしている人は徐々に資産は増えています。

資産運用を行い、自分の資産をリスクにさらされますが、その分リターンを得ている人は資産が増えています。

投資はわずかな金額から始めることが可能になりました。

セゾン投信であれば、わずか月に5,000円から世界中に投資が可能ですし、SBI証券であれば5月より100円から投資信託が購入が可能になりました。

わずかな資金から投資が可能になり、簡単に世界中に投資が可能になった時代です。

給料が上がらないのであれば、資産の少しをリスク資産に移し投資をして、資産を増やしてみてはいかがでしょうか?

 

ではでは~



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly

PAGE TOP