ミレニアル世代の予想年収は430万円!

Pocket

皆様はミレニアル世代という言葉をご存知でしょうか?

ミレニアル世代とは、2000年以降に成人、あるいは社会人になる世代を指す言葉です。

つまり、今の若者世代を言い表す言葉となっています。

なんと、この世代の10年後の予想年収は430万円と予想されています。



ミレニアル世代はあまり稼げない?

まずはミレニアル世代という言葉の定義を見てみましょう。

2000年以降に成人、あるいは社会人になる世代を指す言葉です。 ミレニアル(Millennial)は、英語で「千年紀の」という意味です。

1980~2000年頃に生まれた若者を「ミレニアル世代」といいます。

この世代は、生まれてからずっと不景気であった世代であり、一つの世代となっています。

日本でいえば、特に不景気であった世代であり、バブル以降に生まれた、主に若者の世代です。

ミレニアル世代はお金の10年後の予想年収は?

株式会社ジャパンネット銀行が「ミレニアル世代」のお金に関する意識・実態調査を行いました。

これは若い世代のお金に関する意識を調査する非常に面白い結果です。

「あなたは10年後、どれくらいの額の年収を稼いでいると思いますか?」と質問したところ、平均額は「430万円」という回答になりました。

700万円以上の回答をした人は、全体の15%と少ない結果です。

多くの「ミレニアル世代」は、業界や社会の平均をふまえて、極めて現実的な予測をしているようです。

さらに、「あなたは親よりも生涯賃金を稼げる自信がありますか?」という質問で、「ある」と答えた人は、わずか3割台(36%)と少ない結果となりました。

自分の両親よりも稼げるという自信がない世代で、近年の日本の状況を表しています。

ミレニアル世代はお金にメリハリをつける

お金に対する意識では、「買い物が大好きだ」(75%)、「お金を貯めるのは喜びだ」(74%)が2トップにになりました。

消費や貯金それぞれに対する関心がうかがえ、お金を使う時と貯める時で、メリハリをつけたいという人が多いです。

お金を使うのは好きですが、「たくさんお金を使うのが怖い」と回答した人も68%います。

ショッピング自体に大きな関心がありますが、大きなお金は使わないという、堅実なタイプが多い傾向です。

ミレニアル世代は達観している?

私自身もミレニアル世代です。

この世代の特徴としては達観をしている世代だと思います。

バブル世代以降の生まれたから不景気しかしらない、失われた30年をずっと生きている世代です。

個人的にはこの世代はしっかりと考えてお金を使う世代だと思います。

実はこの世代が今の日本の経済を支えており、消費を支えています。

この子育て世代のマインドをいかに変えるかが、日本の景気に大きくかかわるのではないかなぁと思います。

 

ではでは~



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly