リクルートのIPOが決定!!上場は10月16日!マネックス証券が上位でねらい目?

Pocket

かねてから噂になっていた、リクルートホールディングスの上場が

東京証券取引所から承認されました。

上場日は10月16日を予定しています。

 

どの市場に上場するかは未定ですが、東証一部上場が有力視されています。

そして、気になるのがどこの証券会社で購入できるか?

それもも併せてみてみましょう♪



リクルートの波乱万丈な歴史

1960年に江副浩正氏が「大学新聞広告社」として創業したのがリクルートの始まりです。

1988年にはグループのリクルートコスモスの未公開株譲渡が発覚し、政官財を揺るがす

一大スキャンダルに発展した。

いわゆるリクルート事件が発生しました。

 

その後はリクルート事件の影響とバブル景気崩壊のあおりで、92年には大手スーパー、ダイエーの

傘下となりましたが、その後は独立し、業績を回復しています。

時価総額は1兆6千億円の見込み!

リクルートHDの時価総額は1兆6千億円になると見込まれています。

日本の時価総額ランキングでは60位~70位前後となる大きな規模です。

 

1兆6千億円というと、ルネサスエレクトロニクス(1兆5787億円)や

アサヒグループホールディングス(1兆6030億円)とほぼ同規模です。

近い業界では電通(1兆1666億円)を大幅に超える企業規模となっています。

IPOはどこで買える?マネックスはねらい目か?

目論見書に引き受け証券会社が記載されています。

各社にどの程度割り当てられるかは未定ですが、割り当ての多い順に記載されています。

  1. 野村證券株式会社
  2. みずほ証券株式会社
  3. SMBC日興証券株式会社
  4. 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
  5. 大和証券株式会社
  6. マネックス証券株式会社
  7. いちよし証券株式会社
  8. 岩井コスモ証券株式会社
  9. エース証券株式会社
  10. SMBCフレンド証券株式会社
  11. 株式会社SBI証券
  12. 岡三証券株式会社
  13. 極東証券株式会社
  14. 東海東京証券株式会社
  15. 丸三証券株式会社
  16. 水戸証券株式会社

このように16社がリクルートHDのIPOが割り当てられる予定です。

 

そして一番の驚きは「6.マネックス証券」です。

上位5社は大手証券会社とあり納得のいく理由ですが、マネックス証券は大手とは言えネット証券です。

 

マネックス証券のIPOは完全抽選制ですので、誰にでも平等にチャンスがある証券会社です。

 

LINEと並び、今年最大級の上場と噂されているIPOです。

もちろん私も応募するつもりです!

一回はIPOに当選したいですね。

 

ではでは~



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly