30代の貯金額はいくら?30代はお金に悩む年代!

Pocket

30代は社会人となり10年が経ちそれなりに人生の転換期です。

ライフステージでは結婚や出産など生活環境にも変化が生じ、お金の使い道や悩みは20代とは異なります。

さて、この30代。

貯金額や貯金の目的はどのようなものでしょうか?

マイナビの特集を見てみました。

貯金は? 金融資産は? 30代のお金の悩みを解決する

スポンサードリンク

30代の平均の貯金額は600万円!

まずは、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(平成28年)」の金融資産を保有する世帯の金融資産保有額の平均を見てみましょう!

30代の二人以上世帯で612万円、単身世帯では957万円という思ったよりも高い貯金額です。

一方、より実情に近いとされる中央値(数字を小さい順に並べたときに真ん中にくる数字)を見てみると、金融資産を保有する30代の二人以上世帯で410万円、単身世帯では500万円となっています。

中央値でみるとやや現実味はありますが、それでも金融資産をしっかりと持っている印象です。

金融資産を保有する30代の二人以上世帯で11%、単身世帯では平均19%も手取り額から貯金をしています。

比較的しっかりと貯金をしているイメージです。

貯金の目的はなに?

それでは30代の貯金は何を目的として貯金をしているのでしょうか?

調査結果を見てみましょう!

○二人以上の世帯

  • こどもの教育資金 68.7%
  • 病気や不時の災害への備え 53.6%
  • 老後の生活資金 35.1%
  • 住宅の取得または増改築などの資金 24.2%

○単身世帯

  • 老後の生活資金 42.4%
  • 病気や不時の災害への備え 40.2%
  • 特に目的はないが、金融資産保有していれば安心 36.2%
  • 旅行、レジャーの資金 19.6%

二人以上の世帯はやはり子供関連の教育費を貯めるという目的が多いです。

一方で単身世帯は、なんとなくで金融資産を持っている方も多いですね。

ともに共通しているのは、将来の病気や老後のことです。

将来への不安は強いのだなぁと実感します。

30代はお金の悩みがいっぱい!

30代はライフイベントが大きく変わる年代です。

結婚や出産、教育、そしてマイホームなど人生でも大きな決断をするタイミングでもあります。

また単身者はこれから結婚をするか、そして独身でいる場合はどれくらいのお金がかかるのかを真剣に考え、そして実感する年代です。

30代は20代とは異なり人それぞれ異なった人生を歩み始める分岐点の年代です。

お金を使うこと、そして貯めることをバランスよくし、有意義にお金と向き合っていきたい年代ですね!

 

ではでは~



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly