ボーナスの使い道は貯蓄がメイン!投資はわずかに2割未満に。

Pocket

7月も今日で終わり、ほとんどの企業でボーナスな支給されたと思います。

私は6月の末の支給で、すでに一か月が経過しています。

私はインヴァスト シストレ24に投資をして、なかなか好調な投資となっています!

さて、世間の方々はボーナスはなに使っているのでしょうか?

調査結果を見てみましょう!



ボーナスの平均あ51.5万円

今回のボーナスの支給額の平均は日本生命保険相互会社のインターネット上で夏のボーナスについてのアンケート調査によると51.5万円でした。

これは前の年に比べて1万円増加となりました。

増加率は、20代以下は2.3万円増加に対して50代は0.2万円増加と、若年層の方が増加率が大きい結果です。

ボーナスの満足度については、「満足」と答えた方は全体の29.5%に対し「満足していない」と答えた方は38.0%となり、満足していない方の方がやや高くなりました。

男女別では「満足していない」と答えた男性が36.4%に対し、女性は41.6%と5ポイント以上高いです。

女性の方が、実力に合っていない結果となったということでしょう。

ボーナスの使い道はなに?

ボーナスを主に何を使うかについての質問では、1位になったのは「貯蓄・資産形成」で33.1%と3分の1の方が答えています。

2位は「生活費の補てん」で17.7%、3位が「ローンの返済」で11.2%となりました。

1位の「貯蓄・資産形成」の手段は、「預貯金(円建て)」が75.0%と7割以上となり、次いで株式8.1%、投資信託5.5%、貯蓄型の生命保険3.2%という結果です。

円建ての貯金とリスクのほとんどない商品が人気となり、資産形成を行うとしてもリスクのある商品の株式と投資信託を合わせても全体の2割にも満たない結果となりました。

ボーナスの金額が高いと投資に興味あり!

ボーナス支給額が多いと、投資への意欲が高まる傾向にあります。

ボーナス支給額が100万円以上だと、株式投資を行うと答えた方が14.7%、投資信託が10.1%という結果です。

どちらも平均よりもかなり高い結果となり、4分の1の方が投資にボーナスを使うという結果になりました。

投資はちょこちょことしていくべき!

日本の普通預金の金利は0.001%とかなりの低さです。

預貯金をしてもプラスになることは少ないですが、投資を知らない故に投資ができないということではと思います。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの様に、毎月5,000円から世界中に投資できる投資信託もあります。

急激に儲かる代わりに、一気に損をする可能性があるのが投資ではありません。

正しい投資の知識を身に着けて、若い方や所得のそこまで高くない方でもしっかりと投資をすべきではと思います。

 

ではでは~



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly