セゾン投信の2本がつみたてNISAの対象に仮決定!

Pocket

つみたてNISAという言葉をご存知でしょうか?

つみたてNISAとは2018年1月に始まる積み立て型の少額投資非課税制度です。

セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」、「セゾン資産形成の達人ファンド」がつみたてNISAの対象に仮決定されました♪



つみたてNISAはどんな制度?

つみたてNISAはどんな制度でしょうか。

かいつまんで紹介をしてみましょう!

つみたてNISAは2018年1月から始まる新しい制度です。

年間40万円まで最長で20年も非課税投資枠としてあり、通常は20%かかる税金がかからないお得な制度です!

つみたてNISAの対象となる投資信託の基準は?

つみたてNISAの対象となる投資信託は非常に厳しい条件です。

○インデックスファンド
・分配頻度が毎月でないこと
・ 販売手数料:ノーロード
・ 受益者ごとの信託報酬等の概算値が通知されること
①国内資産を対象とするもの
・ 信託報酬:0.5%以下
②海外資産を対象とするもの
・ 信託報酬:0.75%以下

○アクティブファンド

・分配頻度が毎月でないこと

・ 純資産額が、50億円以上
・ 販売手数料:ノーロード
・ 受益者ごとの信託報酬等の概算値が通知されること
①国内資産を対象とするもの
・ 信託報酬:1%以下(税抜き)
②海外資産を対象とするもの
・ 信託報酬:1.5%以下(税抜き)

上記のように今の投資信託の環境では、なかなか厳しい基準です。

信託報酬の平均は1.5%ほどとなっていますので、アクティブファンドであっても投資信託の平均以下の信託報酬が求められています。

また、インデックス、アクティブファンド共にノーロードと販売手数料がないファンドのみ対象です。

コスト面においては、市場の投資信託においては非常に厳しい条件でしょう!

セゾン投信は2本ともつみたてNISAの対象に!

金融庁は2018年1月に始まる積み立て型の少額投資非課税制度「つみたてNISA」で、120本の投資信託が対象商品としての条件を満たしたと発表しています。

今回のセゾン投信の投資信託である、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドセゾン資産形成の達人ファンドはその120本の投資信託の中の一つに選ばれました!

厳しい条件に当てはまる非常に優秀なファンドです!

セゾン投信は創業以来「長期、積立、国際分散」で個人の資産形成を支援するという理念を掲げ、長期資産育成型ファンドを提供してきました!

その理念に基づいて設定されたセゾン投信のファンドはつみたてNISAのコンセプトにぴったりです!

今後もセゾン投信が伸びていき、正しい投資文化を根付かせてほしいですね♪

 

ではでは~

【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly