ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業を! そして若者に未来のある社会を♪

ほったらかし資産運用

戯言

投資で大事にしたい2つのリスク分散

投稿日:

投資には様々なスタンスがあると思います。

長期投資、短期投資、余剰資金の為、老後のお金の為などなど人によって目的は様々です。

投資には基本的には一貫した精神があると思います。

それは「もしも」の備えた投資、つまりリスクを意識した投資です。

投資の最大の目的は2つのリスク分散!

投資の最大の目的はなんでしょうか?

それはリスクを分散させることです。

  1. 投資対象の分散
  2. お金の面での分散

の二つです。

良く投資で言われるリスク分散は投資対象の分散です。

例えば、海外や日本、株式や債券など投資を行う対象を分散させることにより、投資の成績面でのリスクを分散させることです。

 

しかし、投資自体が人生の金銭面でのリスクの分散になります。

投資の目的自体がリスクの分散

投資の目的は人生における金銭面でのリスク分散です。

 

例えば、老後の為の投資であれば生きるという将来のリスクを分散させる為ですし、純粋に資産運用を行いたい場合は他の資産に投資をすることでお金が目減りするリスクを分散させています。

他にも、給料以外の所得を欲しい為の投資であれば、給料が減った場合のリスクを分散させる為の投資です。

 

それぞれ、お金に対するリスクを分散させ、金銭面で人生を豊かにすることが投資本来の目的の一つです。

給与と貯金だけではリスクがいっぱい!

それでは日本人に多い、所得は給与のみ資産は預貯金の場合どのようなリスクがあるでしょうか?

給与の場合はもし、会社が倒産した場合、所得は一気に0になってしまいます。

つまり、所得を得ることは会社にのみ頼っており、会社に何かがあった場合は大きなリスクです。

 

一方、預貯金には円と言う通貨に対してリスクがあります。

もし円安になった場合は預貯金は目減りしますし、インフレになった場合も同様です。

給与も円と言う通貨でもらっている為、そもそも日本に対するリスクは大きいままです。

日本がダメになるリスクをしっかりと考える

日本がダメになることを考えたことがあるでしょうか?

今の日本の現状ではすぐにと言う状況を考える事はできません。

しかし、労働人口が減り、資源も少ない日本は長い目で見れば、相応のリスクがある国だと思います。

 

日本が衰退していった場合でも、他の国はまだまだ伸びています。

給与や預貯金など、日本のリスクを被りやすい資産の一部を海外資産に投資を行い、日本というリスクを分散させることは非常に大事ではと思います。

 

投資の目的はリスクを分散させることです。

今の状況に一喜一憂せずに、長い将来を考えたリスクを軽減させる投資を行っていきたいですね♪

 

ではでは~

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ


-戯言
-

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.