ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業目指すブログです! 資産が1,000万円を達成しました!

ほったらかし資産運用

ニュース

高い?低い?サラリーマンのお小遣いは3万7873円!

投稿日:

私もですが、サラリーマンで気になるのが隣のお小遣い事情です。

私自身は独身ですので、お小遣い制ではありませんが、結婚したらどの程度のお小遣いになるのかは気になるものです(笑)

さて、そのお小遣いですの平均は新生銀行が実施した「サラリーマンのお小遣い調査」によると、3万7873円となりました。

史上三番目の安さ

新生銀行が実施した「サラリーマンのお小遣い調査」によると、男性会社員のお小遣い平均額は3万7873円で、1979年の調査開始以降、3番目に低い金額でした。

昨年よりも231円増加しているとはいえ、サラリーマンのお財布事情は厳しい状況のようです。

お小遣いの範囲にもよりますが、お昼ごはん代も込田と考えると、ほとんど自分で使えるお金はないのではと感じます。

 

2009年には45,000円ほどだったお小遣いの平均は2011年には40,000円を下回り、徐々に下落傾向です。

お小遣いは20代がトップ!

それでは次に年齢別のお小遣いの平均を見てみましょう!

○男性

20代 40,879円

30代 36,846円

40代 35,670円

50代 38,113円

 

○女性

20代 38,220円

30代 32,515円

40代 30,880円

50代 32,228円

一番お小遣いの多い世代は男性も女性も20代がトップとなりました。

家庭を持っている方も少なく、また子供がいてもまだお金がかからない年代ですので、必然的に使えるお金も多いのでしょうか。

子育て世代はお小遣いは少ない

次に子育て世代かそうではないかを見てみましょう!

未婚者のお小遣いは45,000円を超えているのに対し、子供あり世代では30,000円程度のお小遣いです。

やはり独身世代はお金を多く使えるのは間違いないようですね!

お小遣いは子供の有無によって、家庭の経済状況が大きく異なりますね。

お小遣い事情は厳しい結果に

結果としては、史上3番目の低さとなったサラリーマンの経済事情です。

サラリーマンのお小遣いは、経済のパラメータとしては非常に重要に感じます。

 

景気が悪くなれば、真っ先に削減されるのがお小遣いです。

このお小遣いが上昇し自由に使えるお金が増えていけば、日本の経済も徐々に良くなっているのかなぁと思います。

サラリーマンのお財布事情が良くなることが、日本の経済の回復につながると思います。

アベノミクスの効果は薄れつつあります。

この経済はいつ回復するのでしょうか?

好景気だなぁといえる状態を味わってみたいなぁと思います。

 

ではでは~

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ


-ニュース
-

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.