ニュース

仮想通貨の不正流出でバブルは終わるのか。

投稿日:

Pocket

昨日からコインチェックのニュースが騒がしくなっています。

NEMが580億円も不正流出しており、仮想通貨の取引所の信頼が大きく落ちています。

今年に入りZaifも同様に不正流出があり、仮想通貨バブルがこれで終焉になるかもしれません。

NEMの不正流出の原因はなに?

今回の不正流出の原因を見てみましょう。

今回のNEMの巨額流出では、コインチェックのセキュリティが甘いというのが理由です。

コインチェックは、常時ネットワークに接続された「ホットウォレット」でNEMを管理。

ネットから隔離した「コールドウォレット」で保管をするのが安全な対応です。

「技術的な難しさと、人材が不足していた」で「コールドウォレット」への移行には着手していたが、間に合わなかっていない。

さらに、セキュリティー性を高めるために秘密鍵を分散して管理する「マルチシグ(マルチシグネチャー)」への対応をしておらず、セキュリティの甘さが今回の要因です。

仮想通貨は信用力が勝負

仮想通貨の価値はなんでしょうか?

円やドル、ユーロといった通貨は、日本やアメリカ、ユーロ諸国などの国の力が後ろ盾となっています

もちろん株式はその企業の価値が反映されています。

それでは仮想通貨の価値はどうやって決まるのでしょうか?

それは簡単に言えば、只の信用力といえます。

例えば、ビットコインは通貨としてこれから使える機会が増えるかもという期待感と、ブロックチェーンが後ろ盾になっています。

もし、信用力がなくなれば仮想通貨はあっという間に値下がりをするでしょう。

つまり、仮想通貨はどれだけ大丈夫かをアピールし、どれだけ多くの人に信頼されるかがポイントになります。

仮想通貨は大きく下がっている

昨年末ビットコインは220万円を突破し、億り人という言葉もよく聞きました。

現在のビットコインの値段をご存知でしょうか?

今はなんと110万円まで値下がりをしています。

中国や韓国の仮想通貨の規制により、日本が現在では一番の取引量となっています。

不正流出がバブルの最後のトリガー?

仮想通貨はずっとバブルといわれていました。

徐々にバブルは弾けつつありますが、一年前と比べるとまだまだ高値です。

今回の不正流出は日本でも上位の取引所です。

その取引所の信用が落ちているとなると、日本でも仮想通貨と取引所の不信感が募るでしょう。

そして、注目はNEMの対応です。

NEMが今回の不正流出の犯人を突き止めなければ、仮想通貨への不信感にもつながります。

取引所の信用力、そして仮想通貨への信用力がなくなれば、仮想通貨の価値はあっという間に下がるでしょう。

今回の事件が仮想通貨バブルの最後のトリガーになるかもしれません。

 

ではでは~

 

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ


-ニュース
-

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.