ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業を! そして若者に未来のある社会を♪

ほったらかし資産運用

投資・資産運用

日本は豊かな国なのか?一生でいくらかかるのか

投稿日:

日本人の生涯年収は3億円といわれていました。

実際に、今現在3億円も稼ぐ人はいないでしょう。

3億円というと、年収600万円だと50年分です。

この計算ですでに、生涯年収3億円は夢というのは明らかです。

さて、日本人が一生でいくらくらいのお金がかかるのでしょうか?

仕事を始めて方の出費はいくら?

仕事を始めてから、死ぬまで日本人はいくらくらいのお金がかかるのでしょうか?

①1世帯当たりの生活費

1億6000万円

②教育費用

800万円(全て公立)

2,500万円(全て私立)

③住宅ローン

3,700万円

ざっくりとした数字感となりますが、だいたい2億2000万円程度のお金が必要です。

2億円というとかなりのお金が必要なのがわかります。

一方収入はいくら?

生涯年収は約2億円程度というのが調査結果です。

そこから社会保障費を引くと1億6,000万円程度しか手取りはありません。

年金は満額払っていると、平均で月に23万円、5,500万円程度は支給されます。

合計で2億1500万円が生涯で得られるお金となります。

すでに残念ながら500万円は足りません。

一人ではすでに暮らせない時代

一昔前であれば、夫が働き妻は専業主婦という家庭は多かったと思います。

しかし、それはもう夢のような生活になってしまっています。

日本では1億総中流という言葉がありましたが、もう総下流となりつつあります。

生涯年収が2億円ということは、40年で割ると年収は500万円となります。

500万円が正社員の平均年収ですので、それ以下だと既に人並みの生活すら厳しいです。

どうやったら生活できるかを考える

決して日本人はすでに裕福ではありません。

それでは、どうやって生きていくかを考える必要があります。

①夫婦で働いてダブルインカム(収入を増やす)

②マイホームをあきらめる(支出を減らす)

③平均以下の生活をする(支出を減らす)

④副業、投資をする(収入を増やす)

つまりは収入を増やすか、支出を減らすしか方法はありません。

私は投資で収入を増やす!

マイホームなどを考える世代に私はなってきました。

そこで収入を増やすために投資をしているのが現状です。

投資は数年前に比べて環境は整ってきています。

誰でも簡単に投資を始めることができる時代になりました。

セゾン投信などを使えば、月に5,000円から世界中に投資をすることができますし、ネット証券を使えば、100円から投資が可能です。

なんども言いますが、日本はすでに裕福ではありません。

それを打破する為には、国を頼ることも大切ですが、自分自身でも稼ぐ力を身に着けることも大切です!

 

ではでは~

 

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ


-投資・資産運用
-,

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.