ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業を! そして若者に未来のある社会を♪

ほったらかし資産運用

投資・資産運用

毎月分配は長い目で見れば損!分配が少ない方が良い理由!

投稿日:

いまだに根強い人気のある毎月分配の投資信託。

毎月分配の投資信託は毎月お小遣いがもらえるように思えお得に感じます!

しかし、毎月分配の投資信託は長い目でみると非常に損な投資信託です。

分配をもらうと税金がかかる

分配金をもらうと利益となります。

これに税金がかかるのはご存知でしょうか?

なんと税率は20.315%!!

分配金を10万円もらっても手取りはわずかに8万円になってしまいます。

つまり、もらうたびに20%も取られてしまいます。

実はこれは長期的に考えると非常に不利な状態になります。

税金を払うくらいなら運用した方が良い!

もし、100万円の元本に対して、年に5%の運用収益があった場合を考えましょう。

分配金が利益分の毎年5万円もらえる場合、無配の場合の20年後を比較していみました。

分配金がある場合

分配金がある場合を見てみましょう。

毎年5万円の利益に対して、全てを分配します。

つまり毎年5万円の分配金に対して手取は約4万円です。

20年×4万円=80万円 に元本の100万円を足して180万円になります。

分配金がない場合

分配金がない場合の計算式を見てみましょう。

100万円×105%の20乗となり265万円となります。

利益の165万円に同じく20%の税金がかかりますので33万円の税金がかかります。

これを差し引くと232万円になる計算です。

 

分配金がある場合とない場合を比べるとなんと50万円以上の差になります。

この差はなんでしょうか?

税金を払うか運用するかが差に!

分配金をもらうと税金がかかります。

税金は払ってしまえば終わりですが、無分配の場合は受け取るまで税金はかかりません。

その為、最初の年に払った2万円は、無分配だとそのまま20年間も運用されます。

もし2万円を5%で20年間運用したらなんと5.3万円になります!

つまり、税金を払うのと運用するのでは3万円以上の差に!

それが20年分もたまると気が付けば50万円になります!

税金を払うだけ無駄ですので、いかに後ろ倒しにするかが投資の基本となります。

毎月分配の投資信託はその基本に逆らうあまりおいしくない投資です!

毎月分配は人気が落ちている

投資信託の人気を表す純資産総額を見ると、毎月分配の投資信託は徐々に落ちています。

毎月分配投資信託は投資としてはあまり有利でないという認識が広まった結果でしょう。

正しい投資は分配金などはもらわずに、税金を支払うのを後ろ倒しにするのが良いです!

分配金には騙されず、正しい投資をしていきましょう!

 

ではでは~

 

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ


-投資・資産運用
-,

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.