ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業を! そして若者に未来のある社会を♪

ほったらかし資産運用

仕事 投資・資産運用

給料は0.3%しか伸びないが、投資1年で20%伸びる!

投稿日:

給料がどれくらい伸びているかご存知ですか?

これだけ、人手不足が騒がれていますので、大きく伸びているかと思いきや、わずかの0.3%しか伸びていません。

給料の伸びには期待できませんが、投資をして経済の伸びに期待してはいかがでしょうか?

平均年収は伸びていても422万円

人手不足で転職市場は賑わい、給料を上げなければ人が集まりにくくなっています。

それでも、国税庁の平成28年分の調査結果によると、平均給与は前年対比0.3%アップで422万円です。

給料が上がっているといっても言っても、たったの0.3%。

原因はいろいろとなりますが、

所説あります。

企業の利益を給料として還元せずに、配当金として株主に配当し株主に還元しています。。

また、再雇用の義務化で65歳までの給与を支払う必要があり、働き盛りの30~40代の給与が伸びないという点もあります。

さらに、社会保険料が毎年上がるので、労使折半の社会保険料の企業負担が多く、企業の人件費が上がってしまい給与が伸びないなど、理由は様々です。

バブル崩壊以降、日本の企業の成長の源泉が人件費の削減になっています。

給料を下げる事は非常に労力がいりますので、企業側もあまり給料を上げることには乗り気ではありません。

給料に頼らない生活が大事!

給料が伸びないのであれば、他で収入を作る必要があります。

副業が世間では言われていますが、アルバイトなどは時給も安く労力の割にリターンが良くありません。

そこで注目されているのが投資です。

日経平均は24,000円を超えて、投資をしていれば大きく資産は増加しています。

 

もし一年前に投資をしていたらどうなっていたでしょうか?

1年前の日経平均は20,000円ちょうど位でした。

それが、24,000円になっていますので、資産は20%増えたことになります。

心機一転で、4月から日経平均に投資をしていれば、14%も資産が増えています。

労働では1年間に1万2千円の伸び

平均年収は1年で0.3%伸びていますが、金額にすると1万4千円程度です。

もし、今年の初めに日経平均に10万円の投資をしたらどうなっているでしょうか?

20%伸びていますので、資産は12万円になり、2万円資産が増えています。

1年間の平均年収の伸びよりも、わずか10万円を日経平均に連動する投資信託に投資をするだけで超える事ができます。

給料を伸ばすよりも、ちょっと投資をしてみようという気になったでしょうか?

 

投資の基本はお金に働いてもらうです。

10万円程度の少ない資金からでも、投資を始めてみてはいかがでしょうか?

 

ではでは~

 

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ


-仕事, 投資・資産運用
-, ,

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.