ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業目指すブログです! 資産が1,000万円を達成しました!

ほったらかし資産運用

ニュース

消費増税で還元対象になる決済サービス一覧(2019年1月現在)

投稿日:

2019年10月より、消費税が現行の8%から10%に上がります。

その中で景気対策として実施するキャッシュレス決済のポイント還元制度があります。

中小企業(5%)、大企業(2%)と電子決済をするだけで還元があります。

その電子決済の対象となるサービスが公表されました!

2019年1月時点では14社

電子決済サービスはすべて対象になると思っていましたが、すべての電子決済サービスではないのには驚きです。

これから増えていくと思いますが、まずは14社のサービスを見てみましょう。

【クレジットカード】
三菱UFJニコス (200万超)
三井住友カード  (75万程度)
UCカード    (150万程度)
JCB      (200万超)
【電子マネー】
WAON     (40万程度)
nanaco   (35万程度)
Suica    (43万程度)
楽天Edy    (60万程度)
【汎用サービス】
楽天       (120万程度)
【スマートフォン決済サービス】
オリガミPay  (2万程度)
Line Pay (10万超)
PayPay   ( - )
【決済代行】
Coiney   (5万程度)
Square   (25万程度)

これらのサービスを今の内にどう使うかを考えておくのがベストでしょう!

今後もまだまだ、電子決済サービスは増えていくと思います!

ポイント還元制度をまとめてみる

ポイント決済の中身についてまとめてみましょう!

  • 電子決済サービスを利用
  • 2019年10月から9ヶ月間(東京五輪まで)
  • 購入額の5% or 2%分をポイントで還元

5%か2%かは企業の規模によって異なります。

中小企業は5%と高還元率になりますが、使う私達消費者は少し混乱をしそうですね(笑)

とはいえ、電子決済サービスを使うか使わないかで5%の値引きにかかわってきます!

あらかじめ、電子決済サービスを使うことを意識していくことが大切です!

店舗側も電子決済サービスの導入が必須

使う方の私達消費者も大切ですが、使われる企業側の対応も大変です!

CMを見ても電子決済サービスが増えています。

AirPAYなどの簡易導入をする店舗も増えています。

クレジットカード決済、Suicaなどなど皆様が良く使う決済手段が一括で使うことができます。


決済手数料もAirPAYは最低水準となっており、すぐにでも導入したい企業や店舗はおすすめですね♪

予算は2,800億円!!

今回のポイント還元は来年度予算案に2798億円を計上しています!

なんと2,800億円規模となると、アマゾンの半期の純利益の規模と同じ!!

といってもピンとは来ませんね(笑)

巨額の減税対象になりますので、是非とも今から準備をしていきましょう!

 

ではでは~

 

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ


-ニュース
-,

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.