ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業目指すブログです! 資産が1,000万円を達成しました!

ほったらかし資産運用

投資・資産運用

仮想通貨がこれから成長する為に必要なこと

更新日:

2017年は仮想通貨の一年でしたが、2018年は仮想通貨にとって、ひどい結果となった一年でした。

私自身は2018年になってから仮想通貨投資は大幅な下落をしており、仮想通貨は終わったかと言われています。

しかし、私自身はまだまだ仮想通貨は伸びるのではと思っています!

それでは、仮想通貨が成長する為に、必要なことを考えてみました。

2018年の仮想通貨を見てみる

仮想通貨は2017年の年末がピークでした。

ビットコインは2017年12月に何と200万円を突破し、年初は10万円程度の価値だったものが20倍まで高騰しました。

当時は、ビットコインバブルと言われ億り人と呼ばれる現象まで出ています。

2017年は仮想通貨の元年でした。

しかし、2018年は仮想通貨にとって悲劇の年でした。

1月にCoinCheckでハッキング事件発生し、580億円相当の仮想通貨が流出しバブルははじけました。

12月には2018年には354,350円の安値をマークすることとなりました。

仮想通貨が成長する為に必要なこと

2017年の仮想通貨はまさにバブル状態で実力以上の価値となっており、それが2018年に実力まで戻ったという状況です。

さて、仮想通貨が今後成長する為に必要なことはなんでしょうか?

  • 決済手段としての実力
  • 税制、金商法の法整備

この二つが揃えば、仮想通貨は第二の成長期になるでしょう。

決済手段としての実力

仮想通貨は実力がありません。

まだ、ビットコインを含め仮想通貨を使うシーンはビジネスでも少なく、仮想通貨を使うという行為が行われていません。

例えば、仮想通貨で買い物をしたり決済手段として用いることです。

つまり、仮想通貨を持っていてもどこでも使えないことが問題です。

仮想通貨を持っていても、実用性がないことが伸びない大きな要因です。

しかし、仮想通貨の中には実用性が高まっているものがあります。

例えば、リップルは国際送金に関する問題を解決する為、格安でそして早い決済手段を提供できます。

すでに実用化されており、今後はどこまで伸びるかです。

日本の金融機関もリップルプロジェクトに参加しており、最も実用化される可能性の高い仮想通貨です。

法的整備

法律上では、仮想通貨はよくわからないものとなっています。

儲かれば、税制税上は雑所得ですし金融商品取引法の範囲外です。

税制を見ると株式投資は20%程度の税率の一方で仮想通貨は最大で55%の税金がかかります。

またICOなどの法整備も追いついておらず、一般の消費者から見れば、まだまだ不安の残る投資先です。

投資家の目線から見れば。まだ投資するにはちょっとと考える方も多いでしょう。

仮想通貨は少し投資をしてみる価値はある

私自身は仮想通貨に30万円程度の投資をしています。

仮想通貨は今後大きく伸びる可能性がある一方で、大きな損をする可能性もあります。

しかし、仮想通貨の技術を見ると今後も伸びる可能性は十分あります!

私自身は少額を仮想通貨に投資をして将来的に大きく伸びる可能性を見ています。

万が一、失敗しても、そこまで響かない範囲での投資です!

仮想通貨は数年で100倍に伸びる可能性のある数少ない投資です。

資産に余裕がるのであれば、10万円程度の投資をして、もしかしたら1,000万円になるかもしれません。

2019年から2020年は仮想通貨にとって勝負の年です!!

是非とも、大きな成長をしてほしいと思います!

 

ではでは~

 

GMOコイン

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ


-投資・資産運用
-

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.