ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業目指すブログです! 資産が1,000万円を達成しました!

ほったらかし資産運用

REIT

不動産投資をするならREITに投資をする!

投稿日:

最近は不動産投資が話題になっています。

その中でもマンション投資やアパート投資など、実際に資産を購入し賃貸収入を得る方法が中心となっています。

中にはフルローンで物件を購入する方もいるそうです。

私自身は不動産投資にはあまり賛成をしていません

なぜなら、不動産投資をしたいならREITがあるからです!

不動産投資のメリットとデメリット

それでは不動産投資のメリットとデメリットを見てみましょう。

不動産投資のメリット

  1. 毎月の定収入が確保
  2. インフレリスクに強い
  3. ローンによるレバレッジ効果

不動産投資のデメリット

  1. 空室リスク
  2. 割高な物件を購入してしまうリスク
  3. 流動性の低さ

大まかに見るとこれらのメリットデメリットがあります。

つまり、購入した物件に入居者がいれば家賃収入が期待できます。

また、減価償却により費用化できるため節税効果もあります。

一方でデメリットは空室や情報の情報の非対称性により、購入者の方が降りになります。

また、売りたいときにすぐに売れないのが不動産投資です。

 

また、ローンを組むことにより少ない元手で大きな投資が可能です、

しかし、これはFXなどでいうところのレバレッジです!

なにかあった場合の出口戦略が見えずらい、不動産投資ではメリットにはなりにくいと思っています。

不動産投資のデメリットはREITなら大丈夫

それでは不動産投資をしたいのであれば、なぜREITをオススメするのでしょうか?

それはREITは不動産投資のデメリットをカバーできるからです。

REITとは、投資者から集めた資金で不動産への投資を行い、そこから得られる賃貸料収入や不動産の売買益を原資として投資者に配当する商品です。

それではどうやってデメリットをカバーできるかを見てみましょう。

空室リスク

REITは幅広い不動産を購入する為、一部屋が空室になったとしても、他の物件から収益を得ることができます。

つまり、不動産の分散投資と言えるでしょう!

割高な物件を購入してしまうリスク

REITはプロの投資家が運用しています。

その為、情報も私達よりも持っているので、変な物件を購入する可能性も低いです。

また、一つ変な物件を持っていたとしても、他の物件の収益でカバー可能です。

流動性の低さ

REITは市場で売買できるため、買いたいときに購入でき、売りたいときに売ることができます。

不動産投資と異なり、手数料も通常の株式売買と同様で非常に安いです。

 

REITは不動産投資よりも安全性やデメリットをカバーしていることが分かったと思います。

REITは証券会社で簡単に購入できる

不動産投資よりも収益力は低く5%程度ですが、修繕や固定資産税などを考えるとREITでも十分な収益を得ることができます。

 

REITに投資をするなら、ネット証券がオススメです!

オススメの理由は手数料の安さです!

手数料は個人投資家にとって一番のコストです。

ネット証券であれば、50万円のREITを購入しても手数料はわずかに250円程度です。

一方、店頭証券会社は50万円のREITを購入すると3千円ほどの手数料がとられます。

コストを抑えたいのであれば、ネット証券は必須でしょう!

オススメのネット証券は下記のネット証券です。

マネックス証券

楽天証券

SBI証券

私自身はマネックス証券をメインにしながら最近はSBI証券も使っています。

海外のREITを購入するのであれば、SBI証券は必須でしょう!

 

もし不動産投資を考えているのであれば、まずはREITからはじめてみることをオススメします。

 

ではでは~

SBI証券[旧イー・トレード証券]

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ


-REIT
-, ,

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.