ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業目指すブログです! 資産が1,000万円を達成しました!

ほったらかし資産運用

家計

共働きで世帯年収が1,000万円の世帯はどれくらいいるのか?

投稿日:

世帯年収で1,000万円は個人的には一つの目指すべき数字です。

やっと私も1,000万円を超えていますが、東京に住んでいて家賃を考えるとそこまで裕福な暮らしではないなと思っています。

さて、私が目標としていた共働きで合計年収1000万円という家庭はどのくらいいるのでしょうか。

世帯年収の平均は530万円

それではまず最初に世帯年収の平均を見てみましょう!

世帯年収の平均は約530万円ほどです。

世帯年収の中央値は415万円。理想の800万円を目指す為には?

個人的には目指す世帯年収は800万円です。

ちょっとリッチな生活をするために、1,000万円をめざしていました

夫婦二人の年収を足せば、ギリギリです1,000万円がみえてきている状況です。

さて、その世帯年収が1,000万円をこえる世帯はどれくらいいるのでしょうか?

世帯年収1,000万円は年収1,000万円の2倍以上いる

年収が1000万円と聞くと、エリートでお金持ちというイメージがあるでしょう。

実際に民間の給与所得者で年収1000万円を超えているという人、つまり1人で年収1000万円を稼いでいる人は、わずかに全体の5%しかいません

しかし、それを世帯年収1,000万円の割合を見てみましょう!

厚生労働省が実施している「国民生活基礎調査」(平成30年)によると、世帯年収が1000万円以上ある世帯の割合は12.2%です。

10世帯に1世帯は世帯年収が1,000万円をこえています。

日本全体の平均年収は約420万円ですので、夫婦二人で500万円ずつの年収と考えれば、そこまで無理のある年収ではありませんね!

世帯年収1,000万円でもちょっと厳しいのが現実

世帯年収が1,000万円をこえたので、少しはリッチな生活ができると思っていますが、そこまでリッチな生活ではありません。

実際に世間の状況を見てみましょう!

世帯年収1000~1200万円の2人以上世帯での平均貯金額は1790万円、中央値は1010万円だということです。

ここだけ見るととてもリッチな家計に見えます。

その一方で、貯蓄ゼロという世帯が10.3%もあるという事実もあります

実際に東京に住んでいると、住宅費用はかなり高いですし、子供がいる家庭では私立の学費などを考えると結構かつかつでしょう。

私も世帯年収が1,000万円をこえていますが、外食はほとんどしませんし、将来子供の養育費や住宅費用を考えるとちょっと大変かもと思うのが現実です。

実際に住宅を買おうと思うと6,000万円程度のローンをくむことができますが、都内で買おうと思うと中古のマンションでも探さないと厳しい状況です。

ましてや戸建てだと駅から15分以上もかかる物件か狭い物件しかありません。

とりあえずダブルインカムで世帯年収を上げていく

我が家は幸いなことに共働きですので、まだまだ世帯年収が上がっていく可能性はあります。

しかし、産休など今後の予定を考えると世帯年収を上げるのと同時にしっかりと貯蓄と将来の年収を上げる為に投資を継続する必要があるなと思っています。

今から10年後、20年後を考えてしっかりとマネープランニングをしていきたいと思います。

 

ではでは~

 

 

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ


-家計
-,

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.