ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業を! そして若者に未来のある社会を♪

ほったらかし資産運用

投資信託

伸びている毎月分配。グロソブは抜かされる?

投稿日:

モーニングスターの記事で、毎月分配ファンドの人気を特集していました。

その中で「野村ドイチェ・高配当インフラ関連株投信(通貨選択型)米ドルコース(毎月分配型)」が

通貨選択型ファンドとして初めて純資産額1兆円の大台を突破という記事がありました。

 

NISAが始まり、毎月分配の人気が陰ると思いきや、続伸している状況です。

 

1兆円越えの投資信託は4本全てが毎月分配

数ある投資信託の中で純資産が1兆円を越えているものは4本です。

①フィデリティ・USハイ・イールドF

②新光 US-REITオープン 『愛称:ゼウス』

③グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)

④ドイチェ・高配当インフラ関連株(米ドル)毎

驚くべきはこの4本とも毎月分配の投h資信託ということ。

 

個人的にはあまり好きではない毎月分配ですが、世間ではまだまだ人気です。

 

グロソブを越えることはできるのか?

不動の1番だった「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)」、通称グロソブ。

今年に入り、3位まで下落しましたが、とうとう4位が見えてきました。

純資産額を見てみましょう

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型) 1兆820億円

ドイチェ・高配当インフラ関連株(米ドル)毎   1兆528億円

その差はわずかに300億円弱まで狭まっています。

 

過去1年間では8700億円以上の流入超過している近年の大人気ファンドです。

今後の伸びからもグロソブを抜かす日も近いのではと感じます。

 

相変わらず毎月分配ファンドが人気です。

私自身は毎月分配を購入していませんが、投資信託の流れを知る為に、

ちょこちょこと確認してきたいですね。

 

ではでは~

 

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ


-投資信託
-,

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.