ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業目指すブログです! 資産が1,000万円を達成しました!

ほったらかし資産運用

ETF

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFとはどこで買えるの?

投稿日:

投信ブロガーが選ぶ!fund of the Year 2014で堂々の2位となったバンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)

アメリカのNYSE Arcaに上場している外国籍ETFです。

一本で世界中の株式に投資できる非常に優秀なインデックスファンドです。

しかし、外国籍な為、日本で購入できる証券会社は限られています。

日本ではどのような証券会社で購入できるのでしょうか?

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFとは?

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF通称ティッカーはVTです。

バンガード社は1976年に初の個人投資家向けインデックスファンドを売り出し、それ以来、低コストのインデックス運用における第一人者となっています。

 

そのバンガード社のETFの一つがバンガード・トータル・ワールド・ストックETFです。

VTはFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスのパフォーマンスへの連動を目指しており、先進国や新興国市場を含む約47ヵ国の約8,000銘柄で構成されています。

そのカバー率は全世界の投資可能な市場時価総額の98%以上と、このETF一つで世界中の株式に投資ができるといっても過言ではありません。

驚くべきなのはVTのコストの安さ!

そして驚くべきことはコストの安さです!

経費率はわずかに0.18%と日本のインデックスファンドでは到底できないようなコストの安さです。

バンガードは定期的に経費率を見直しています。

人気が出て運用資産総額が増加→効率化により経費率が下落→より人気が出て運用資産が増加→経費率が下落・・・(略)という素晴らしい流れが続いています。

 

効率化によるコストの下落を投資家へ反映させるのも非常に評価されている点です。

VTが購入できる証券会社は?

外国籍な為、購入できる証券会社は限られています。

国内では大手証券会社も含めてわずかに5社しかありません。

その中でも、VTを購入できるネット証券を見てみましょう♪

 

楽天証券

まずは楽天証券です。

3月2日まで最大47,200円相当のポイントプレゼンとキャンペーンを行っています。

 

 

SBI証券

次にSBI証券です。

NISA口座の申込により8000円のキャッシュバックを行っています。

また、NISA口座で海外ETFを購入すると手数料のキャッシュバックキャン―ペーンも実施中。

 

マネックス証券

最後にマネックス証券です。

新規口座開設で最大28,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

 

いずれのネット証券会社もVTを取り扱っています。

また今後IPO等に興味があるのであれば、数多くの証券会社の口座を作っておくこともお勧めです。

3社ともキャンペーンを行っていますので、キャンペーン中の申込がお得ですね♪

 

ではでは~

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ


-ETF
-

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.