投資・資産運用

投資の王道!初心者にもおすすめなインデックス投資とは何?

投稿日:

Pocket

日ごろから紹介しているインデックス投資

名前は雑誌やインターネットで良く聞きますし、投資の王道や初心者にオススメの投資手法として紹介されています。

しかし、どんな投資の方法なのかはあまり理解されていません。

という訳で、インデックス投資とはどんな投資手法なのかを見ていきましょう♪

インデックス投資とはなに?

インデックス投資とは、日経平均株価やTOPIXなどの金融マーケットの指数(インデックス)に連動した成績を目指す投資手法です。

具体的には、日経平均株価の算出に使われる株に、算出に使われる比率で投資したりすることです。

 

実際には個人でマーケットの指数に連動する指数を構成する銘柄を購入するのは不可能です。

その為、マーケット指数に連動を目指す投資信託やETFに投資をすることになります。

インデックス投資とは市場の平均に投資をすること

インデックス投資とは、日経平均株価やTOPIXなどの金融マーケットの指数とはどんなものでしょうか?

マーケット指数とはその投資対象の平均のことです。

 

例えば、日経平均株価であれば日経平均株価に組み入れられているのは東証1部上場の銘柄から選んだ225銘柄の平均株価ですし、TOPIXは東証1部上場の全銘柄の時価総額の合計を全銘柄で割って出した数字です。

 

つまり、インデックス投資とは市場の平均に対して投資をすることです。

一方、市場の平均を上回ろうとするのがアクティブ投資と呼ばれています。

平均を上回るアクティブ投資の方が良いのでは?

市場の平均を目指すインデックス投資より、アクティブ投資の方が市場の平均を上回ろうとする分良いのでは?と思いませんか?

しかし、アクティブ投資には弱点があります

①すべての投資家が市場の平均を上回るのは不可能!

全ての投資家が市場の平均を上回るのは不可能です。

平均よりも下な投資家、平均よりも上の投資家がいるからこそ平均値があります。

その為、全てのアクティブ投資が平均を上回るのは不可能なのです。

つまり。損をしているアクティブ投資は必ず存在します。

②アクティブ投資はコストがかかる

投資信託を購入すれば、コストがかかります。

それは株式などを売買する手数料や運用時にかかる手数料(ファンドマネージャーの給与等)がかかるからです。

それではインデックス投資とアクティブ投資のどちらがコストが高いのでしょうか?

それはアクティブ投資の方がコストが高くなります

理由は市場平均を上回る成績を目指す為、株式等の売買の量が多く手数料が多くかかります。

また、良い株を探すために、調査費用も多くなり優秀なファンドマネージャーも必要で人件費も多いです。

 

一方、インデックス投資は市場の平均を目指すので売買を頻繁にすることもなく、システム投資で済むため、あまコ ストがかかりません。

その為、同じ運用をしていても、コストの分必ずインデックス投資の方がお得となります。

市場は大きくなるので平均を目指すだけでも資産は増える!

インデックス投資の前提は、世界規模で見れば市場は大きくなる。だから平均を狙えば長期的には資産は大きくなる!という考え方です。

 

日本の株式を見れば、バブル崩壊前が最高値でその後の調子はあまりよくありませんが、世界に目を向ければNYダウは最高値を更新し、新興国市場は成長しています。

 

インデックス投資を行う上でも、様々な市場に投資を行い、世界経済の成長を享受できる運用がオススメです。

個別に購入は手間がかかります。

そんな方にはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドなど一つの投資信託で世界中に投資できるインデックス投資信託もあります。

 

投資の初心者にもお勧めなインデックス投資を始めてみてはいかがでしょうか?

 

ではでは~

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ


-投資・資産運用
-

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.