ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業目指すブログです! 資産が1,000万円を達成しました!

ほったらかし資産運用

ニュース

GDPは年率マイナス6.8%!個人消費の落ち込みで増税は?

投稿日:

本日、日本の4月期~6月期のGDPが発表されました。

前の3か月間と比べ実質でマイナス1.7%、年率に換算してマイナス6.8%となり、

東日本大震災発生時のマイナス6.9%以来の落ち込みとなりました。

 

次の7月期~9月期のGDPの結果次第で、10%の増税が決定されます。

果たして増税はどうなるのでしょうか?

 

個人消費の落ち込みがマイナス5%で最大の落ち込み

日本のGDPは530兆円前後ですが、そのうちの300兆円以上を占めるのが

私たち一般消費者の消費である「個人消費」です。

 

その個人消費が自動車や家電製品を中心に大きく落ち込んで5%のマイナスとなり、

比較可能である平成6年の4月から6月までのGDP以降では最大の落ち込みとなりました。

個人消費がマイナスとなったのは7四半期ぶりとなっています。

やっぱり増税は行いたい?

甘利経済産業大臣は「現時点において景気認識に変わりない」と述べていますが、

「今後、必要なら政府、日銀で機動的な対応を行うのも選択肢」と述べています。

つまり、良くはないが悪くはない、これ以上悪くなるようなら対応をとるということです。

 

年末までに来年10月からの消費増税を決める予定です。

決めるに当たり、材料となるのは7月期~9月期のGDPの結果となります。

まさに、今の消費が次の増税に直結することとなります。

 

消費増税の反動は徐々に薄れつつありますが、果たしてどこまで回復するのでしょうか?

個人的にはGDPの成長はうれしいことですが、増税は何としても避けたいです!

 

政府としてはテコ入れをしてでもGDPを伸ばす政策をする可能性もあります。

今後の長い期間を考えて、しっかりと判断を行ってほしいですね。

 

ではでは~

 

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ


-ニュース
-

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.