結婚後もダブルインカムが安定の秘訣!専業主婦はリスク?


女性の方で、結婚をしたら家庭に入り、仕事を辞めたいと思っている方もいらっしゃると思います。

もちろん気持ちはわかりますが、結婚後も仕事を続けダブルインカムを続けることをお勧めします!

金銭面の安定もですが、専業主婦にはリスクもあります。

スポンサードリンク

気がつけば貧乏に

安定した結婚生活を送るには世帯年収800万円程度は必要と言われています。

東京のような都心部に住んでいるのであれば、必要な世帯年収は1,000万円程度は必要というデータもあります。

 

もし専業主婦になりたいのであれば、最低でも年収800万円以上の方との結婚が必要です。

ご存知のように、そんなに高収入の方はめったにいません。

悠々自適な生活をしようと思ったが、お金がなく結果として貧乏な暮らしになる可能性もあります。

 

結婚退職は妻、夫のどちらも不利に

結婚退職で妻が辞めた場合、収入源は夫のみとなります。

そのため、自由時間は増え、仕事のストレスからは解放されたものの、自由に使うお金があまりないということなります。

 

旦那さんもお小遣いを減らされる結果となり、夫婦ともに切り詰めた生活を送る可能性が高いです。

それよりも二人で働き続けて貯金を増やし将来の不安を取りつつ、食事や旅行などを二人で楽しんだほうが、何倍も楽しい生活を送ることができます!

奥さんは専業主婦はリスク

専業主婦はリスクがあります。

例えば、旦那さんがリストラや転職、病気などになった際には収入が大きく減少するということです。

もし離婚となれば、専業主婦では再就職は厳しいということもあります。

 

二人で収入を確保するということは、収入源を分散させ、リスクを分散させる効果があります。

また、自分自身が働いているということは、それだけ稼ぐ力があるということ。

それは、不安定な状況にある現代では非常に大きな武器です!!

ダブルインカムは老後もダブルインカム!

働いていると将来何がもらえるでしょうか?

それは年金です!

 

もし専業主婦となった場合、第三号被保険者となり、専業主婦の収入は国民年金と同程度となり年間80万円弱の収入です。

未払の期間もあり、国民年金の受給額は平均で毎月54,000円程度です。

 

しかし、働き続ければ厚生年金を受け取ることができます。

厚生年金は平均で毎月148,000円の支給と3倍弱も多くもらえることができます。

もちろん勤続年数と年収で支給額は変わってきますが、厚生年金は国民年金+αですので、厚生年金に加入している方がお得です。

 

老後の収入が9万円も増加し、老後もダブルインカムで生活ができます。

 

もちろん退職金がある企業では、退職金も2倍!!

老後を優雅に過ごすための近道は夫婦それぞれダブルインカムで生活することが一番の近道ではないでしょうか?

 

ではでは~



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly

家計年収

Posted by なお


PAGE TOP