ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業目指すブログです! 資産が1,000万円を達成しました!

ほったらかし資産運用

家計

確定申告がやっと終わったー!申告書は簡単に作れる!

投稿日:

だいぶギリギリになりましたが、やっと確定申告が終わりました。

今年は例年に比べてエンジェル税制やふるさと納税など目白押しでした。

やっと終わって後は送るだけの状態になりました!

さて確定申告は難しそうに見えますが意外と簡単です!

確定申告に必要なもの!

確定申告に必要なものは意外と少ないです。

サラリーマンの方なら年末調整でほとんど終わっています。

  • 源泉徴収票
  • 取引報告書(証券会社から送付)
  • 収入を示す書類
  • 寄付証明書(ふるさと納税)

などなどです。

つまり、一年間の所得と控除額を証明できる書類が揃っていればOKです。

書類の多くは勤めている会社や使っている証券会社、ふるさと納税であれば地方自治体から勝手に送付されてきます。

ただ、ブログ収入や仮想通貨の利益や損失は自らサイトなどから収支報告を取得して計算する必要があります。

この辺りは少し面倒なところですね。

確定申告書の作り方

書類を集めたら作成するのが確定申告書です。

税理士さんと契約されている方は自分自身で作成する必要はありません。

しかし、税理士に頼むとなると数万円ほどかかるのがつらいところです。

そこで自分で作成する方も多いでしょう。

そこでオススメのツールが国税庁が提供している確定申告書等作成コーナーです。

国税庁 確定申告書等作成コーナー

このツールは本当に使いやすくてビックリします。

弥生やfreeやマネーフォワードなどのツールも見てみましたが、無料で使うのであれば確定申告書等作成コーナー十分です。

私もこれで作成をしましたが、いとも簡単に作成できました。

さらには近くの税務署の宛先まで出てきますので、封筒に貼り付けて送付ができます。

個人事業主ならツールを入れるのをオススメしますが、ちょっとした確定申告ならこれで確定申告書を作ってみましょう!

エンジェル税制は別途書類が必要!

エンジェル税制をするのであれば、別途書類が必要です。

入力するところはありますが、優遇措置Aで寄付金控除を受ける場合は確定申告書作成コーナーで対応していない為、記載が必要です。

必要な書類は下記です。

  • 特定新規中小会社が発行した株式の取得に要した金額の寄付金控除額の計算明細書

こちらも国税庁のHPからPDFをダウンロード可能です。

特定新規中小会社が発行した株式の取得に要した金額の寄付金控除額の計算明細書

エクセルではないので、手書きで記載が必要ですがそこまで記入箇所は多くはありません。

面倒がらずにしっかりと記載しましょう!

確定申告は3月15日まで!!

確定申告は3月15日までです!!

確定申告をしなくてもばれないと思っているかもしれませんが、けっこうバレるそうでう(笑)

税金は正しく期限までに済ませましょう!

まだまだ、申告期限には間に合います!

 

私自身はふるさと納税を12月31日に行ったことと、エンジェル税制を申し込むために確定申告をしています。

同じような状況の方は多いと思います。

税理士に頼めないから確定申告をしないのではなく、お得な税制をしっかりと使っていきましょう!

 

ではでは~

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ


-家計

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.