ネット証券の個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を比較!

Pocket

個人型確定拠出年金iDeCoは2017年1月より、公務員や第三号被保険者の主婦にまで拡大された、比較的新しい年金制度です。

20歳以上60歳未満のほぼすべての人が加入できるようになった個人型確定拠出年金を始めようと思っている方は多いと思います!

iDeCoを選ぶ上で、大事なことはどこの証券会社にするかです!



iDeCoとはなにか?

そもそもiDeCoとはなんでしょうか?

モーニングスターの説明がわかりやすいので引用しております!

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、基礎年金(1階部分)、厚生年金保険(2階部分)などの公的年金に上乗せして給付を受ける私的年金(3階部分)のひとつです。2017年1月から専業主婦(夫)、公務員を含め、基本的に60歳未満の全ての成人が利用できるようになります。掛金を60歳まで積み立て、60歳以降に積立金を取り崩して給付を受けます。受け取る額は運用成績によって変動します。

つまり、今までの国民年金、厚生年金に上乗せして給付する3階建て部分の年金です。

自分自身でお金を出し(拠出)、自分自身で運用をし、老後に一時金、もしくは年金として受け取れる制度です。

今までも、確定拠出年金の制度はありましたが、公務員や主婦の方は対象ではなく、会社員の中でも確定拠出年金はありましたが、公務員や主婦が加入できませんでした。

2017年1月より対象が拡大され、ほぼすべての方が個人型確定拠出年金に加入できるようになったということです。

税制面が有利

iDeCoは税制面が有利で、節税効果が非常に高いです。

  • 拠出時 全額所得控除(所得税、住民税の節税)
  • 運用時 運用期間中に発生した利益は非課税(通常は20.315%)
  • 受取時 「退職所得控除」(一時金)、「公的年金等控除」(年金受取)

上記のように、どの場面においても非常に税制面でお得です!

iDeCoは金融機関選びが大切!!

iDeCoで大切なことは金融機関の選択です。

自分自身で金融機関を選び、iDeCo用の口座を開設し、その口座で運用をしていく制度です。

iDeCoの必要経費をまとめてみましょう!

○加入時

国民年金基金連合会 2,777円

証券会社手数料 →証券会社によって異なる

○口座管理手数料

国民年金基金連合会 103円/月

事務委託先金融機関 64円/月

証券会社手数料 →証券会社によって異なる

つまり、iDeCoの証券会社を選ぶ上で大切なことは必要経費の安さと運用商品の種類ということがわかります!

ネット証券を比較してみる!

金融機関は制度面、気軽さ、コスト面からネット証券がお勧めです!!

ネット証券の二社の費用と運用商品を比較してみましょう!

SBI証券

◆必要経費

・加入時手数料  1,080円

・口座管理手数料  324円(残高50万円以上は0円)

◆運用商品

62本

「日興DCインデックス」シリーズや「三井住友DC」シリーズ、そしてSBI証券の「SBI EXE-i」、「ニッセイDC」など低コストファンドと種類が多いのが特徴です!

日本株式では、人気の高いひふみ投信の年金ファンドひふみ年金が選択できるのが特徴です!

楽天証券

◆必要経費

・加入時手数料   0円

・口座管理手数料  226円(残高10万円以上は0円)

◆運用商品

28本

低コストファンドは「たわらノーロード」シリーズ、「三井住友DC」シリーズから選択ができます!

そして、セゾン投信の「セゾン資産形成の達人ファンド」と「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が運用商品にあるのが特徴です!

 

ネット証券のオススメとしては、運用資金が50万円以下であれば、口座管理手数料が無料な楽天証券が有利です。

しかし、50万円以上になると、運用商品の多いSBI証券がお勧めです!

今後も、証券会社による競争は激しくなると思います。

ネット証券であれば、気軽に比較や運用ができるのがうれいいですね♪

 

節税対策として非常に優秀なiDeCoをしっかりと利用して、将来のお金をつくってはいかがでしょうか?

 

ではでは~



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly