貯蓄の壁は100万円、500万円、1,000万円。この壁を超える為には?

貯蓄には壁があるのはご存知でしょうか?

その壁は100万円、500万円、1,000万円のそれぞれに貯蓄の壁があります。

収入が十分にあっても、貯蓄のやり方を知らないと、この壁を乗り越えることはできません!

貯蓄をうまくするには、それぞれの壁を乗り越える必要があります!

それではどのような手段で乗り越えていけば良いでしょうか?

スポンサードリンク

100万円の壁はコツコツ超える!

まずは100万円の壁です!

早ければ学生時代でも十分超えられる壁ですが、収入があっても100万円の壁を超えられない方もいらっしゃいます。

仕事を始めて今までの年収の累計が1000万~2000万円に達する頃になると、100万円を貯める余裕が生まれる人が多いようです。

さて、この100万円の壁を超える為に必要なのはコツコツです!!

まずは無駄な支出をなくして、黒字化をします。

そして、給与天引きや自動引き落としを使い、強制的に貯まる環境を作ることが必要です!

証券口座を作り、積立投信をしても良いでしょう!

毎月3万円でも3年後には100万円の壁を突破可能です!

500万円の壁は将来を見据える!

次の500万円の壁は、将来を見据えて根気が必要です!

200万円、300万円を貯める事は可能ですが、その後のライフイベントで支出がかさむ時期です。

300万円が貯まる頃には、結婚や子育て、住宅資金など支出が嵩む年代でしょう。

せっかく貯めても、これらのイベントでまた貯蓄はゼロに戻ってしまいます。

500万円の壁を超える為には、長期スパンで考える必要があります。

コツコツ投資に加え、ボーナスで多めに積立をして、年間に50万円ほどを貯める力が必要です!

たとえライフイベントの支出があっても、徐々に貯蓄を増やしていくことが大事でしょう!

1,000万円の壁は節税と生活水準の見直しを!

最後に1,000万円の壁です。

この壁は超えられない人が多くいるでしょう。

1,000万円を超える為には節税と生活水準を考える必要があります。

まずは節税です。

iDeCoやNISA、つみたてNISAなど税制に有利な制度をうまく使うことも大切です!

iDeCoは毎月2万円の積立が可能で、年収500万円の方だと、5万円ほどの節税効果があります。

そして生活水準の見直しも重要です。

昇給した分、生活水準を上げては、いつまで経っても貯蓄は増えません。

昇給をしても、少し生活水準を高め、iDeCoなどの節税をする必要があります!

これらを複合的に行わなければ、1,000万円の壁を超えるのは難しいでしょう!

 

さて、100万円、500万円、1,000万円の壁を見てみました。

今現在自分がどこにいて、次の壁を超える為には何をすれば良いのか。

2018年はこの壁を超えるきっかけになればなぁと思います。

 

ではでは~

 

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください