急激な円高と大暴落。多少の暴落では焦らない投資。

Pocket

今日の日経平均は大幅下落となりました。

台風が近づく中、世界中の株式も大きな暴風が吹き荒れています。

これが、世界中が大きく下落する大暴落する引き金になるのかが注目です。

個人的にはこれくらいの暴落では焦らない投資を心掛けています。



世界中の株式が暴落

今日は世界中の株式市場が暴落しています。

本日の株式市場の下落を振り返ってみましょう。

  • 日経平均株価 -4.61%
  • 上海総合   -8.49%
  • FTSE   -4.39%
  • DAX    -4.66%
  • NYダウ   -4.74%

と大幅に下落しています。

欧州市場は、まだ開いたばかりですので、これからも大きな下落の可能性もあります。

まら、NY市場も先ほど取引が開始されましたが、大幅な下落でスタートしています。

急激な円高も進む

次に為替相場を見てみましょう。

各通貨とも大幅な下落となっています。

  • 米ドル 122円→117円
  • ユーロ 138円→136円
  • 豪ドル  89円→ 83円
  • ポンド 189円→184円

と大幅な円高が進んでいます。

特に先ほど大幅な円高となり、急激な動きをしています。

ネットでも騒がれていますが、急激すぎてついていけないほどの動きでした。

理由等あれば、知りたい状況です。

今回の原因は中国の景気の悪化

今回の大幅な下落の要因は中国です。

中国の人民元の切り下げなど、中国政府は景気の無理やりなテコ入れをしていますが、相場はピクリとも反応していないのが現状です。

中国は世界第二位の経済大国ですが、不透明な経済状況が続いています。

そのような景気の不安の中、一度歯車が狂えば、どこまでこの大暴落が続くか不安を感じています。

多少の暴落では傍観できる投資!

今回の暴落では市場はパニック状態になっています。

とはいえ、私自身はこれくらいでは動じない投資をしています。

今回の暴落はむしろ、安く買えるチャンスが来たのかなぁと思えるくらいです。

 

元々、インデックスファンドを毎月積立投信をしています。

多少の下落や暴落ではあまり動じず、じっとチャンスを待てる体制です。

個人的にはもう少し現金を増やしておけたらなぁと思います(笑)

 

しかし、このまま日経平均が半分になるなどの大きな変動があれば、大きな痛手となります。

今後も相場の状況をチェックし、暴落に備えていきたいと思います。

昨日のブログでも、「世界は同時株安へ。下落時にしてはいけない5つのこと」を書いて、暴落時の心持を学んでいます。

世界は同時株安へ。下落時にしてはいけない5つのこと

今回の暴落でもこの下落時にしてはいけないことを復習して、耐え忍んでいければと思います。

ではでは~



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly