平均年収は421万円。ちょっと増加したが格差は広がる

Pocket

日本人が気になるのは、皆さんのお財布事情です。

特にどれくらい稼いでいるかは気になるところ。

さて、国税庁よりサラリーマンの平均年収が発表されました。

平均年収は421万円余りで微増をしましたが、格差は拡大しているという結果になっています。



平均年収は微増

国税庁の調査で、サラリーマンなど民間企業で働く人の去年の平均年収は421万円余りで、前の年を0.3%上回りました。

4年連続で増加という結果になりました。

男女の内容を見てみましょう!

2016年の1年間を通して民間企業で働いた会社員やパートなどの平均年収は男性が521万1000円、女性が279万7000円で、全体では421万6000円となりました。

前年よりも0.3%、1万2000円上回り、4年連続での増加という結果です。

徐々に給与は上がりつつありますが、実感できるほどの上昇ではありません。

給与の格差は拡大!

雇用形態別でみると正規雇用が486万9000円、非正規雇用は172万1000円という結果です。

正規雇用と非正規雇用の差は314万8000円で、4年連続で格差が拡大しています。

どちらも前年よりは増加はしていますが、正規雇用との格差は拡大しており、同一労働同一賃金とは逆になっている様子です。

正規雇用者の平均年収はこの4年で19万円増えたにも関わらず、非正規雇用者は4万円しか上がっていません。

上昇幅は正社員よりも非正規雇用の人が0.5ポイント大きいものの、金額では格差が拡大という結果になっています。

女性の社会進出は進んでいる!

女性の給与所得者数は前年比2.3%増の2007万人で過去最多を更新し、伸び率も男性(同1.1%増)を上回っています!

近年では、女性の社会進出が進んでおりその結果が表れているのではないかなぁと思います。

とはいえ、いまだに解決していない待機児童問題や受け入れる企業の問題など、解決すべき課題はたくさんあるように思います。

経済的にも働く意思のある女性が働きやすい世の中は必要です。

賃金の上昇は景気回復には必要!

景気回復の一番の効果は賃金を上げることです。

賃金が上がれば、消費も増え、結果として景気が上向きになります。

いざなぎ景気を超えた長期的な景気の回復局面といわれていますが、私たちサラリーマンは景気の回復を実感していません。

やはり賃金の上昇というわかりやすい景気の回復の実感が必要ではと思います。

賃金が上昇し、所得が増え税収も増えることが最良ではないでしょうか?

 

ではでは~



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly