仮想通貨が格付けされた!ビットコインの評価はどう?

1月24日に仮想通貨が格付けされました!

米大手格付け機関Weiss Ratingsが世界で初めて投資家の意志決定を支援する目的で、時価総額10億ドル市場となった仮想通貨の格付けを発表しています!

仮想通貨の判断基準になりそうです!

仮想通貨を初格付け!

コインチョイスの記事がかなりわかりやすいです!

米格付機関Weiss「ビットコイン C+、イーサリアム B、リップル C」と仮想通貨に初評価

今回の格付けは「Weiss Cryptocurrency Ratings」と命名されています。

74種の仮想通貨について、評価項目は①リスク指数②収益指数③テクノロジー指数④採択指数の4項目で評価されています。

技術、取引パターン、テクノロジー、および使用方法に関する何千ものデータポイントを分析する画期的なモデルに基づいているようです!

評価の一覧をみてみましょう!

A=excellent
B=good
C=fair
D=weak
E=very weak

AもしくはBの格付けは、「買い」に値する投資評価としています。

Cの格付けは、投資家が過度に警戒すべきで評価ではなく、C+は平均よりやや高評価であり、Cは合格点です。

それ以下は、保有せずに売ってしまった方が良いと判断できます!

仮想通貨の格付け評価をみてみる!

それでは、今回の格付けの結果を時価総額の順番で見てみましょう!

  1. Bitcoin(BTC):C+
  2. Ethereum(ETH):B
  3. Ripple(XRP):C
  4. BitcoinCash(BCH):C-
  5. Cardano(ADA):B-
  6. Stellar(XLM):C+
  7. Litecoin(LTC):C+
  8. EOS(EOS):B
  9. NEO(NEO):B-
  10. NEM(XEM):C+

上記のランキングとなりました。

時価総額トップのビットコインはC+とあまり高い評価ではありません。

2位のイーサリアムBと比較的高めの評価となりました。

とはいえ、ビットコインは時価総額で一位で取引量も多いので、少し低すぎる評価かなぁと思います。

今回の74の仮想通貨のうち、優れている「A」を獲得した通貨はなかった。

イーサリアム、EOSの「B]が最高の結果となりました!

格付けは安全性を見る上で重要!

仮想通貨は様々あり、どの通貨を購入すれば良いかの判断が非常に難しいです!

こういった第三者の格付けがあることにより、評価を判断できる基準となりました。

仮想通貨は値動きも激しく、ちょっと手が出しにくい投資です!

コインチェックZaifなどの有名な取引所で取引するのがおすすめです!

 

ではでは~

 

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください