ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業を! そして若者に未来のある社会を♪

ほったらかし資産運用

仕事 家計

年収1,000万円だと手取りはどれくらいになるのだろうか?

投稿日:

年収1,000万円。これは人生で目指す一つの目標になります!

もし、年収が1,000万円になったら夢のような生活が待っているのではないかという妄想は膨らむばかりです!

さて、実際に年収が1,000万円になったら、手取りはどれくらいになるのでしょうか?

年収1,000万円の割合はどれくらい?

サラリーマンの夢である年収1,000万円!

その夢の年収の方はどれくらいいるのでしょうか?

国税庁の平成28年度民間給与実態統計調査によると、1人当たりの平均給与は422万円(男性:521万円、女性280万円)となっています。

年収1,000万円ということは、平均給与のなんと2倍の給与をもらっている計算です。

  • 年収1,000万~1,500万:人数…150万人、割合…3.1%
  • 年収1,500万~2,000万:人数…33万人、割合…0.7%
  • 年収2,000万~2,500万:人数…10万人、割合…0.2%
  • 年収2,500万以上     :人数…12万人、割合…0.2%

合算すると、年収1,000万円以上の人数は208万人、割合は4.2%となります。

つまりには25人に1人の割合となり、クラス会を開催すれば、1人くらいはいる割合ですね!

年収1,000万円の手取りは700万円~800万円

世帯の構成によって違いますがモデル世帯で見てみましょう。

・専業主婦で子供が二人の世帯だと手取りは757万円

・独身男性だと手取りは733万円

おおよそ700万円~800万円程度の手取りになりますね!

年収1,000万円が2倍になっても手取りは2倍にならない

一方、年収500万円の手取りを見てみましょう。

独身で年収が500万円だと手取りは391万円となり、年収は2倍のはずなのに手取りは2倍になりません。

日本の税率は累進課税ですので、年収が高ければ高いほど所得税率が高くなります。

年収1,000万円で独身の場合、所得税と住民税で146万円かかります。

一方、年収500万円の場合はわずか38万円と100万円以上の差です!

社会保険も含めるとその差は160万円にもなります。

これが、年収が2倍になっても手取りが2倍にならない要因です。

年収1,000万円は意外と損!

年収1,000万円になると税金や社会保険料以外に損をすることがあります。

それは、手当関係です。

年収600万円と、年収1,000万円と比較をしてみましょう。

・児童手当 年収600万円:18万円→年収1,000万円:6万円

・高校学費 年収600万円:0円→年収1,000万円:12万円

などなど、年収が上がるともらえない手当が増えていきます。

 

年収1,000万円は夢のような年収ですが、実際の手取りを見ると思ったよりは手取りが増えない印象です。

とはいえ、年収1,000万円になれば必ず今よりも手取りは増加します!

一人で1,000万円が無理でも、世帯年収で1,000万円はめざせます!

無理せず、夫婦二人で1,000万円をめざしてはいかがでしょうか?

 

ではでは~

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ


-仕事, 家計
-,

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.