ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業を! そして若者に未来のある社会を♪

ほったらかし資産運用

戯言

投資家の平均年収は7割が500万円以下!

投稿日:

投資をしている人はお金持ちのイメージがあります。

そのイメージは事実なのでしょうか?

日本証券業協会は10月2日、「個人投資家の証券投資に関する意識調査(概要)」を発表し、投資家の基本情報の調査内容を公表しました!

投資家の平均年収は451万円

投資をしている方は決して大金持ちではありません。

個人年収は「300万円未満」が45.4%と多く、半数近くが年収300万円もありません。

500万円未満(23.8%)を合わせると7割近く(69.2%)を占めています。

推計の平均年収は451万円と日本人の平均年収420万円よりは高いですが、大金持ちとは言えない年収です。

職業を見てみると、意外と多いのが「主婦専業主婦・主夫」が18.9%と夢のような投資生活をしている方もいます!

証券保有額は半数が300万円未満

証券保有額(株式、投資信託、公社債)は、「100~300万円未満」が19.4%と最も多く、過半数(50.7%)は「300万円未満」という結果になりました。

投資をしているからと言って、決して大きな金額を投資に回していないのが実情です。

一方1,000万円以上の証券保有額の方が、24.9%もおり、平均保有額は、943万円と想像以上な数字になっています。

5,000万円をこえる方も4.2%おり、この超リッチ層が平均を押し上げています。

「株式」保有率は79.8%、「投資信託」は52.2%、「公社債」は13.2%となり、株式に投資をしている方が多いです。

株式の投資方針は、「概ね長期保有だが、ある程度値上がり益があれば売却する」が49.9%と約半数を占めており、長期投資を基本方針に方が多いです。

投資の基本である、長期投資を実践したいと思っている方が多く、うれしく思います!

次いで「配当・分配金・利子を重視する」が18.0%で続いています。

40代以下ははネット証券を利用

どこで証券を購入するかを見てみると、40代以下は半数以上がネット証券を使っています。

ネット調査ですので、平均よりも高めに出ている可能性がありますが、ネットで投資をするのが一般的になってきた証拠でしょう!

店頭購入は30代以下は13%とほとんど利用していないのがわかります。

一方で、70代以上は銀行も含めると80%の方が店頭購入をしています。

金融に関する知識は向上が必要!

「平均以上の高いリターンがある投資には、平均以上の高いリスク」があるという投資の基本質問は9割近い方が正解しています。

「金利が上がったら、通常、債券価格は下がる」という少し難易度が上がった質問は半分の方が不正解となっています。

金融知識が高い方の平均年収が500万円をこえる一方、金融知識の低い方は400万円を下回っています。

金融知識と年収に相関関係があるのは興味深い話ですね!

 

ではでは~

 

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ


-戯言
-,

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.