ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業目指すブログです! 資産が1,000万円を達成しました!

ほったらかし資産運用

ETF 投資・資産運用

投資のやり方を変える!インカムゲインを増やしていく!

投稿日:

2020年の目標はインカムゲインの増加です!

インカムゲインの代表例は配当です!!

2019年の配当額は10万円ほどでした。

これをどう増やしていくかを考えていきます!

2020年はインカムゲインを増やしたい!

2020年の大きな目標はインカムゲインの増加です。

今までの投資のメインは積立投信でしたが、これも10年を続けていっており、比較的資産は増えてきています。

積立投信は将来のキャピタルゲインを狙っていく戦略です!

しかし、生活をしていて思うことは、少しでもインカムゲインを増やしたいというものです!

キャピタルゲインとインカムゲインのバランス!

投資の目標は将来的なサラリーマンの卒業です。

つまり金銭面で会社に頼らない生活を送るということです。

その為に将来的に値上がりをして資産が増えていくことを狙っていました。

しかし、よくよく考えていくと、インカムゲインを増やしていくこともサラリーマン卒業に必要だと思い始めました。

例えば、資産で1億円を作ることも大切ですが、年間にインカムゲインを500万円得る事も非常に大切ということです。

少しずつ、インカムゲインを増やして会社に頼らない収入源を得たいと思っています。

インカムゲインの原資はなにか?

それではインカムゲインの原資をどうするかを考えてみましょう!

もちろん今の現金資産は多くはないので、すぐにそこから投資をすることは考えていません。

積立投信の積立金額の一部を高配当ETFに投資をしようかと思っています。

月に2万円、年に24万円でも10年たてば240万円になります。

これで5%の配当が着くと年に12万円ほどのインカムゲインが得られます。

もちろん、配当を再投資したり、ボーナス時に追加で購入をすれば、資産はより多くなります。

月に1万円ですが生活が楽になるのは非常にありがたいです。

老後まではまだ30年弱ありますので、月3万円のお小遣いは老後2,000万円問題にも非常に有効な手段です!

高配当を狙うなら海外ETF

日本のETFでも高配当はありますが、海外ETFの方が利回りが高いうえに成長株式を購入できます。

海外ETFの最大の弱点は高い手数料でした。

しかし、ネット証券の値下げ競争は海外株式手数料にも値下げしてます。

SBI証券ではNISAを使えば手数料は最低0ドルでなおかつ米国株式・ETF 定期買付サービスもあります!

手数料の引き下げもあり、海外ETFに投資をする土台が出来上がってきたと思います。

まさに、今からインカムゲインを増やしたいのであれば、タイミングとしては良いですね♪

SBI証券[旧イー・トレード証券]

1月中にいくら投資をするかを考える!

現在積立投信で毎月3万円ほど投資をしています。

このうち2万円程度を海外ETFに投資をする予定です。

もちろんセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの投資も続けていく予定です。

他にもアセットバランスの為にいくつか積立投信をしていく予定でいます。

1月中にプランを考えていきたいと思います!

 

ではでは~

 

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ


-ETF, 投資・資産運用
-,

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.