明日は選挙!!ぜひとも若い人には投票に行って欲しい!

明日は選挙です。

2年ぶりの総選挙となり、世界も注目している選挙と言っても良いのではと思います。

今回はアベノミクスの是非を問うことがメインな選挙。

つまり今後の日本の経済政策の是非を問う選挙と言っても過言ではありません。

 

最近は投票率が低くなり、あまり話題の熱が冷めつつある選挙です。

私が思うにぜひとも若者に選挙に行って欲しいと思います。

それは、いかなければ、若者への政策がどんどん減ってしまうからです!

選挙に行く人が政治家のお客さん

政治家にとってお客様はどんな人か考えたことはありますか?

政治家にとって一番のお客さんは投票してくれる方々です。

その方々がうれしくなるような政策をとることが、当選への近道です。

 

もともと投票に行っていない若者向けの政策を大事にしても、投票に来ない人=当選に結びつかない人を対象にしては、落選してしまいます。

その為、選挙を誰に対してアピールするかと言うと、パイも大きく投票にきてくれる人=当選に結びつく人向けのアピールを行います。

これが今の日本の政治家が選挙時に思っていることではないかと思います。

若者が選挙に行けば、政策が変わる

それでは、若者向けの政策を行ってほしい場合はどうすればよいでしょうか?

話は簡単です。

若者皆が選挙に行けば良いのです。

ある日突然、20代、30代の投票率が90%となれば、政治家がこの層を放っておくわけがありません。

政治家にとって新しいお客さんができたということになります。

 

そうなれば、選挙に行く若者向けの政策がどんどん増えていくことになるでしょう。

自分ひとりが行っても変わらないという気持ちは捨てよう!

自分一人が投票しても何も変わらないと思っている方が多いと思います。

そう思う気持ちで皆がいれば、何も変わることはありません。

まずは自分一人でも良いので、その気持ちを変えていってはいかがでしょうか?

そう思う人が100人、1,000人、10,000人と増えていけば、若者の投票率が取り上げられていくでしょう。

 

今の一票が、将来の私たちの未来を決めるということです。

是非とも、選挙に行き私たちにとって暮しやすい政策を取ってもらえるようにしていきましょう♪

 

ではでは~

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください