日本の海外資産が1,000兆円を突破!お金がお金を稼ぐ時代に!

Pocket

THE PAGEの記事で日本の海外資産が1,000兆円を突破したという記事が掲載されていました!

海外資産が1000兆円を突破? 日本はすでにお金でお金を稼ぐ投資立国に

日本はまだまだ金融立国には程遠いと言われていましたが、海外資産は順調に増え、お金でお金を稼ぐ時代となっています!



お金がお金を稼ぐとは?

お金を稼ぐ方法はたくさんあります。

労働を提供して稼ぐこともありますし、製品を作って売りお金を稼ぐことも可能です。

そして、お金もまたお金を生み出します。

例えば企業の株式を購入すれば、配当や株価の上昇によってインカムゲインを得ることができます。

また、社債を購入することによってお金を貸すことにより利子を得ることができます。

これがお金がお金を稼ぐということです。

日本の海外資産が増えるということは、それだけお金を稼ぐことができる状況になり、景気にとっては良い話ですね。

もともとは証券投資ではなく、直接投資だった

財務省が発表した2017年6月時点における対外資産の総額は990兆円でした。

その後も対外資産の額は増加しており、すでに1000兆円を突破している可能性が高いでしょう。

過去10年は証券投資に加えて直接投資の伸びが顕著でした。

つまり、製造業が海外に生産拠点を移し工場や海外に現地法人を設立して、その会社に投資をしていた形です。

その為、日本から国外に生産拠点の移転により直接投資が増加となります。

以前では輸出がなくなると日本が儲からなくなるという話がよく言われていますが、実際はそうではありません。

海外法人からの配当やロイヤリティなどが入ってきますので、親会社の国内企業にお金が帰ってくるのは同じです。

それがモノの売買(輸出)による収入なのか、配当収入なのかという違いです。

なぜ海外資産が増えたのか?

それではなぜ海外資産が増えたのでしょうか?

ここ1~2年は直接投資の伸びが鈍化し、再び証券投資が拡大したのが要因です。

背景にあるのは量的緩和策による低金利です。

日銀が大量に国債を買い入れる量的緩和策によって金利が低下し、国内の金融商品では利回りを確保することができなくなりました。

一方、アメリカは順調に経済が成長しており量的緩和策を終了しその後は、金利を引き上げる状況になりつつあります。

日米では大きな金利差がありますから、当然、マネーの多くは高い金利を求めて米国に流れることになります。

これが日本の海外資産を増やしている理由です。

つまり、日本の低金利によって、より金利の高い海外資産に投資をして、利益を稼ごうと考えている方、そして企業が増えているということです。

日本は輸出立国ですので、もともと販売したものはドルで受け取ることが多く、円転するのではなく、そのままドルで投資をした方が資金効率も高いです。

海外の運用益で稼ぐということは、海外に労働してもらってお金を稼ぐということです。

日本は海外からの投資収益があるうちに、国内ではもっと付加価値の高い産業の育成をしてはいかがでしょうか?

 

ではでは~



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly