JPX日経インデックス400とTOPIX、日経平均を比較してみる!

Pocket

日本に鳴り物入りで登場した、JPX日経インデックス400!

日本の株式指標として新しく登場した指標で、年金などの大型投資が投資するなど話題になりました。

さて、そのJPX日経インデックス400!

他の代表的な日本の株式指標であるTOPIXと日経平均株価と比較してみました♪

スポンサードリンク

JPX日経インデックス400とは??

それではそもそもJPX日経インデックス400とはどんな指標でしょうか?

日興アセットマネジメントのサイトから引用をしました。

東京証券取引所の市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQを主たる市場とする普通株式を母集団とし、(1)適格基準・市場流動性指標によるスクリーニング、(2)定量的な指標(3年平均ROE、3年累積営業利益、時価総額)によるスコアリング、(3)定性的な要素(独立した社外取締役の選任、IFRSの採用、決算情報の英文開示)を加点したスコアリングを経て選定した400銘柄からなる株式指数です。算出方法は、基準時を2013年8月30日(終値)に置き、その日の時価総額を10,000として、その後の時価総額を指数化したものです。

今までの日経平均やTOPIXは東証一部上場企業のみを対象としていました。

また、日経平均は代表的な企業のみ指標ですが、利益面などの定量的な指標を用いている点が特徴です。

その為、今までにはない指標として話題になっています。

JPX日経インデックス400は勝っている??

それでは、TOPIX、日経平均、JPX日経インデックス400の値動きを見てみましょう♪

2014年4月22日を100として指標となります。

この1年間でどのような動きをしているのでしょうか?

JPX TOPIX 日経比較

青色の線がJPX日経インデックス400です。

ほぼTOPIXと同じ動きをしていて重なっています。

数字で各指標を比べてみましょう。

 

〇2015年4月27日の数値

  1. JPX日経400  138.81
  2. TOPIX     139.27
  3. 日経平均      138.88

 

本日現在ではトップはTOPIXですが、ほぼ差がない横並びです。

安定的な運用はJPX日経インデックス400!

それでは次に最大と最小を比べてみましょう♪

  1. JPX日経400  最大 139.46 最小 99.04
  2. TOPIX     最大 139.77 最小 98.93
  3. 日経平均      最大 140.30 最小 97.34

こう見ると、JPX日経インデックス400の最小が唯一99台で日経平均に至っては最小は97まで下がっています。

銘柄数の多いTOPIXの方が安定した運用になると思いきや、底値はJPX日経400が上回っています。

 

投資において大切なことは安定した運用です。

まだ開始して2年の指標ですが、下落局面に強いのかなぁという印象です。

 

今後はもっと長期間に渡って比較してみたいですね。

 

ではでは~



現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 人気ブログランキングへ

更新情報を配信しています
follow us in feedly