ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業を! そして若者に未来のある社会を♪

ほったらかし資産運用

仕事 読書

読書と年収の関係。1冊で75万円の差が!

投稿日:

皆様は読書をするでしょうか?

個人的な趣味では読書がありますが、最近は仕事が忙しくてあまり読めていません。

さて、読書と年収は相関があると言われています。

なんと1冊の読書で75万円も年収に差があるという結果が出ています!

20代~30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊

20代から30代というと、仕事においては中堅の役割です。

そして、この頃の仕事の質によっては将来の年収は大きく変わります。

20代~30代のビジネスマンは1か月に平均で0.26冊しか本を読んでいません。

PRESIDENTの調査によると、、年収500万円から800万円クラスの人は、一日当たり平均5~30分間の読書をしており、1500万円以上の人は毎日平均30分以上の読書をしています。

つまり、比較的年収が高い人は読書をする習慣を持っていると言えるでしょう。

30歳代で年収が3000万円を超える人は月に3冊

30歳代で年収が3000万円を超えている人の平均読書量は、1ヶ月で3冊です。

これは、20代~30代の年平均3冊と比較すると、12倍の読書量となります。

アメリカの調査でもビル・ゲイツやウォーレン・バフェットのような大富豪が1日30分以上本を読むのに対して、年収300万前後の人たちの中で1日30分以上の読書をしていたのは、たったの2%しかいません。

年収が高い人ほど、本を読む傾向にあります。

年3冊の本を読む人が年収500万円だとして、毎月3冊の本を読む人の年収3000万円だとすると、年収の差は2,500万円、一方読書量は33冊差になりますので、1冊につき年収は75万円もかわるという結果です。

1冊を読めばそのまま年収が上がるということではありませんが、読書週間が年収にかかわりがありそうです。

本を読むと何が得られるのか

本を読むことで、何が年収に影響するのでしょうか?

1.知識が増える
2.言葉の表現力が向上する
3.思考力が向上する
4.自分と違うものの見方を知ることが出来る
5.想像力が豊かになる
6.ものごとに対応する力が向上する

1.と2.の結果、思考力が向上し、仕事にも良い影響を与えているのでしょう!

読書習慣はすぐに始められる!

読書の習慣がないという方もいらっしゃると思います。

読書をしたことがない方は、まずは人気の本を買ってみてください。

そこから読書習慣は始まります!

アマゾンのランキングを載せてみました。


個人的にはアマゾンから本を買うよりも街中の本屋で本を購入することをお勧めします!

アマゾンとは違い、自分自身にピンとくる本と出会うのが読書の楽しみです!

アマゾンのランキングを参考にしつつ、書店に行ってみてはいかがでしょうか?

ではでは~

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ


-仕事, 読書
-,

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.