ほったらかし投資を実践中。資産運用でサラリーマン卒業を! そして若者に未来のある社会を♪

ほったらかし資産運用

資本主義では格差が広がる!「r>g」 ピケティが提言することは?

投稿日:

最近、書店やアマゾンでも流行っている21世紀の資本」!

前々から気にはなってはいましたが、なんせ1冊で6,000円ほどします(笑)

 

しかし、なんとなくで良いので内容を知りたいと思い、「日本人のためのピケティ入門: 60分でわかる『21世紀の資本』のポイント」を読んでみました。

内容としては「r>g」を言いたい

内容としてはそこまで難しくありません。

ただ「資本収益率(r)は経済成長率(g)より大なり」ということを伝えたいだけです。

 

「r>g」だとどうなるのか?

それは格差が広がり、資本主義では200年に渡り、格差が広がり今後も格差が広がるということです。

なぜ「r>g」だと格差が広がるのか?

なぜ「r>g」だと格差が広がるのでしょうか?

それぞれの言葉の意味を見てみましょう。

 

r(資本収益率)とは株式や不動産など資本が生み出すリターンのことです。

つまり、投資家や会社経営者などの非労働が生み出す収益です。

 

g(経済成長率)とは労働などが生み出す経済的付加価値のことです。

つまり、労働者が生み出す価値が大半です。

 

「r>g」とは労働者の賃金の伸びよりも、資本家のリターンが常に高いということです。

それは今後も続くということをピケティは述べています。

 

つまりお金は資本家>労働者の伸び率の方がこのままずっと続くということ。

その為、お金のある資本家はよりお金が入り、比較的お金のない労働者の方がお金の入りが少なくなります。

それを語るのになぜこんなに分厚い本が必要?

ピケティが行い評価されたのはそれをあまり資料もない時代から推測をしたことです。

その統計データの説明が大半の様です。

中々、原著を読むにはかなり骨が折れそうですね(笑)

時間があるときにできれば読みたいと思います。

 

ではでは~

現在ランキングに参加中!!
参考になったと思いましたらクリックをお願いします。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ


-
-,

Copyright© ほったらかし資産運用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.